【関東】子どもと楽しめるおすすめのキャンプ場10選|赤ちゃん連れにもおすすめ!

目次 目次

赤ちゃんと思い切りキャンプを楽しむための、3つのポイント

①コテージを使えば周囲への迷惑も気にならない!

赤ちゃんの夜泣きなど周囲への気配りが必要な家族連れのキャンプでは、コテージやキャビンを利用するのがおすすめ。

②忘れ物がないか持ち物をチェック!

着替えやおむつ、おしりふきなどは多めに持っていきましょう。こまめに手を洗えないこともあるので、アルコール消毒もあると便利!ブランケットやバスタオルのほか、ビニール袋なども少し多めが吉◎。母子手帳と保険証もお忘れなく!

③夏でも防寒対策はしっかり!

標高の高いキャンプ場も多いので、真夏でも防寒対策はしっかりと。天候が急に変わることも考慮しましょう。ブランケットは、タオルタイプではなくフリースがおすすめですよ。

① 北軽井沢スウィートグラス

https://www.facebook.com/sweetgrass.jp/photos/pb.276425245724625.-2207520000../3340385839328535/?type=3&theater

北軽井沢スウィートグラスは、はじめての子連れキャンプにもおすすめのキャンプ場です。
浅間山麓に広がる自然豊かなエリアに、自然を活かしつつも快適に過ごせる施設がたくさん!

ほぼ手ぶらで宿泊できる「コテージエリア」と、最小限の家具が用意された「キャビンエリア」、電源もないシンプルな区画や常設タープ、またトランポリン付きの区画から選べる「テントサイト」など、バリエーション豊かなエリアから選べます。

テントや寝具などレンタル品も充実しているので、キャンプビギナーでも安心。ワークショップやアクティビティーも充実しているので、きょうだいがいるご家庭も思いっきり楽しめますよ。

コテージやキャビン、テントサイト、好きなところを選べる!

こちらは2020年4月にオープンしたコテージ。

https://sweetgrass.jp/facilities/fc1056

きのこのかたちをした人気のキャビン。

https://sweetgrass.jp/facilities/fc1046

トランポリンで遊び放題のキャンプエリアも。

https://sweetgrass.jp/facilities/tent.html

お風呂もあって安心♪

https://sweetgrass.jp/pr/bld/bath/

遊び場とおしぎっぱの森

アスレチックで思い切り体を動かそう!

https://sweetgrass.jp/common/commonfacility.html

おしぎっぱの森にはブランコやアスレチックのほかに、川や滝も!
自然を思いっきり満喫しましょう。

https://sweetgrass.jp/common/commonfacility.html

【基本情報】
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
電話:0279-84-2512
コテージ料金:14,500円~
チェックイン / チェックアウト:14:00 / 13:00

② キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

http://www.camp-cabins.com/facility/

那須高原にあるアメリカンな雰囲気が魅力のキャンプ場です。四季を感じられる自然豊かなエリアに、11種類もの豊富なオートキャンプサイトがあります。

スプリング遊具やボルダリング設備が付いた子連れに人気のサイトや、専用の焚火リングが設置されたおしゃれなサイトなどバリエーションが豊富!

サイトの他、赤ちゃん連れにはキャビンやコテージも充実していて、どれもとってもおしゃれなんですよ!

ツリークライミングやSUPツアーもできるので、大人もたっぷり楽しめますね。

子どもが楽しめるキャンプサイトを選ぼう!

"KIDS PLAY"サイトで、のびのびキャンプを楽しもう!

http://www.camp-cabins.com/facility/stay/auto-camp/kids-play.html

カントリーキャビンはとってもおしゃれ♡

映える写真をたくさん残して。

http://www.camp-cabins.com/facility/stay/cabin-bungalow/country.html

焚火ができるデッキ付きのコテージ。

「快適」と、キャンプならではの「雰囲気」を、「安全」に両立できるコテージは、大人にとっても赤ちゃんにとっても素敵な空間。

http://www.camp-cabins.com/facility/stay/cottage/post-1445.html

人気のツリークライミング

動画でチェック!

レンタル品も充実!

手ぶらでのキャンプもOK!

初心者や、これからレジャー用品を買い揃えたい人の予行にもぴったり。

荷物も少なく片付けてクルマに載せる作業もないから、小さなお子さん連れでもらくらくです♪

http://www.camp-cabins.com/news/post-941.html

子どもの遊び場もたくさん

じゃぶじゃぶ池で暑い夏も涼しい!

自然だけだと子どもは飽きてしまうこともあります。遊び場があれば、1日中楽しめますね!

http://www.camp-cabins.com/facility/children/ike.html

【基本情報】
住所:栃木県那須郡那須町高久甲5861-2
電話:0287-64-4677
コテージ料金:20,000円~
チェックイン / チェックアウト:14:00 / 13:00

③ カンパーニャ嬬恋キャンプ場

https://www.muji.net/camp/tsumagoi/

標高1,300mの高原にある、無印良品プロデュースのキャンプ場。
目の前にはバラギ湖が広がり、大自然を全身で感じられますよ。

無印良品のキャンプ場は全国に3ヶ所あるので、全部制覇するのもいいですね♪

キャンプに必要な基本アイテムをセットにしたレンタル品もあり、持っていく荷物が少なく済むのもうれしいポイント。キッチン用品やランタンなどといった小物類も揃っていますよ。

ブルーベリー収穫やキャンドルづくりの家族体験教室もあるので、1日中たっぷり楽しめます。

家具の家や無印の小屋に宿泊できる!

開放感のある家具の家でリッチなキャンプ時間に。

映える写真をたくさん残そう。

https://www.muji.net/camp/tsumagoi/kagunoie/

シンプルで機能性の高い無印良品の小屋は、自然に囲まれたアートのよう。

“非日常”を、自然体験だけでない方向性でも楽しめます。

https://www.muji.net/camp/tsumagoi/mujihut/

小学生以上のお子さんにはアウトドアスクールもおすすめ

親子カヤックで大自然を満喫!

https://www.muji.net/camp/CAMP/cgi-bin/SCHOOLVIEW.CGI?n=2020003002

オリジナルのリース作りにも挑戦!

思い出をかたちに残して、いつまでも大切に◎

https://www.muji.net/camp/CAMP/cgi-bin/SCHOOLVIEW.CGI?n=2020003023

【基本情報】
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原
電話:03-5950-3660
無印良品の小屋料金:19,800円+大人2,200円 子ども1,100円
チェックイン / チェックアウト:13:00~18:00 / 8:00~12:00

④ 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

限定アイテムが必ず入る『ミキハウス新春福袋』予約受付中