小学生からの投票を受付中!第2回「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」は前回の2.2倍の規模

目次 目次

“こどもの本”総選挙 とは?

©NPO法人 こどもの本総選挙事務局

こどもたちに面白い本と出会える機会を作り、本をもっと身近に感じてもらいたいという思いから、小学生に「1番好きな本」への投票を呼びかけ、選ばれた本のランキングをこどもたちと発表するイベント。

第1回は2017年11月1日に投票受付を開始し、全国から787校の小学校が参加、12万8,055票の投票がありました。
翌2018年5月5日の結果発表時には、こどもたちが選んだ本の著者を、こどもたちが表彰する姿が多くの反響を呼び、3,000店舗以上の書店で上位ランクイン作品が大きく展開されました。

特に、ベスト10として選ばれた「ざんねんないきもの事典」シリーズや「おしりたんてい」シリーズ、「ヨシタケシンスケ」作品に注目が集まり、こどもたち自身が起こしたムーブメントが出版業界を大いに盛り上げました。

第2回の規模は前回の2.2倍!

1年間の準備期間を経て、2019年11月1日から第2回「こどもの本総選挙」の投票受付が開始され、11月29日に団体参加申込の受付を終了。

予想を大きく上回る1,800校の小学校から参加申し込みがあり、全国の小学校の1割近くが参加することになりました。

第1回開催時の2.2倍の小学校が参加するということもあり、投票数も12万8,055票から大きく伸びるのではないかと期待が高まっています。

投票はお早めに!個人からの投票受付は2020年1月15日(水)まで

第2回「こどもの本総選挙」は現在、小学生からの投票を受付中。
個人からの投票受付は2020年1月15日(水)まで。
全国の書店店頭に設置された投票用紙、もしくは公式HPのWEBフォームから投票が可能。

出版社が終結!運営主体はNPO法人

ポプラ社の創立70周年事業として始まった「こどもの本総選挙」は、公平で開かれた運営を継続していくため、「NPO法人こどもの本総選挙事務局」を設立。
2019年4月から、児童書を刊行する出版社から集まった有志により運営されています。
現在、講談社、集英社、世界文化社、高橋書店、ブロンズ新社、ポプラ社などから有志が集まっています。

こどもの本総選挙事務局長・岡本大(28)

ピース又吉が登壇!イベント開催スケジュール

関連記事