「仮面ライダーエグゼイド」天才外科医 鏡飛彩役のイケメン俳優・瀬戸利樹

目次 目次

「仮面ライダーエグゼイド」で「鏡飛彩/仮面ライダーブレイブ」を演じた瀬戸利樹さん

2016年10月~2017年8月に放映された「仮面ライダーエグゼイド」にて、瀬戸利樹さんは「天才外科医」と呼ばれる鏡飛彩(かがみ・ひいろ)役を演じました
海外の大学を飛び級で卒業し、24歳にして既に「失敗しない外科医」と呼ばれている天才ですが、本作の敵であるコンピュータウイルスの一種で、人間に感染する「バグスターウイルス」に対抗する手段として仮面ライダーになるため帰国し、父の病院に勤務している役です。

「バグスターウイルス」が原因で5年前に恋人を失っていますが、コンピュータウイルスのため恋人の情報が電子データとして残っており、それを知った敵対勢力から恋人の復活を条件に協力するよう打診されます。
飛彩は仮面ライダーも医師免許もはく奪される覚悟で敵対勢力に協力しましたが「ライダー仲間の手術をわざと失敗しろ」という命令に従うことができず、敵対勢力と決別し主人公サイドに戻り共闘するという、ストーリーの重要な部分を担っています。

人気のあるキャラクターだったので、放映中にスピンオフ「仮面ライダーブレイブ」が東映特撮ファンクラブ限定で配信された他、放映終了後の後日談を描いたVシネマ「仮面ライダーブレイブ&スナイプ」が発売されました。

「仮面ライダーエグゼイド」スピンオフ作品「仮面ライダーブレイブ」

出典元:https://www.toei.co.jp/

「仮面ライダーエグゼイド」でのエピソード

「仮面ライダーエグゼイド」は、瀬戸さんにとって初のレギュラー出演ドラマでした。
鏡飛彩は恋人の影響で甘いものが好きになったという設定があり、よくケーキを食べているのですが、瀬戸さん本人は実は甘いものが苦手で、毎回苦労しながら食べていたそう。

そんな素振りはまったく見せず、涼しい顔でケーキを食べていたところはさすが俳優ですね!

また、鏡飛彩の口癖は「ノーサンキュー」ですが、 2020年の仕事始めに「ノーサンキュー」と書いてあるバッグをSNSに投稿しています。
やはり鏡飛彩役には思い入れがあるのかな、と思ってしまいますね。

瀬戸利樹さんはどんな方?

さて、そんな瀬戸利樹さんはどんな方なのでしょう?
まずは、瀬戸さんのプロフィールを公式サイトで見てみましょう。


生年月日:1995年10月7日
出身地 :千葉県
血液型 :B型
身長 :176cm
趣味 :映画鑑賞
特技 :野球

出典元:https://www.ken-on.co.jp/artists/seto/

2020年6月現在、24歳です。
「仮面ライダーエグゼイド」は20~21歳の頃です。
実年齢より少し年上の役だったようですね。

2013年に、かつて研音にあった新人部門「Next Generation」に所属し、2014年に俳優デビュー。
2015年より研音所属となり、いくつかの映画、ドラマに出演しましたが、初のレギュラー出演が2016年の「仮面ライダーエグゼイド」でした。
前作の「仮面ライダーゴースト」でもオーディションに参加しましたが落選し、その悔しさをバネに「仮面ライダーエグゼイド」のオーディションに全力で挑んだとのこと。

「エグゼイド」で注目を浴びた後「深夜のダメ恋図鑑」「都立水商! 〜令和〜」など、たくさんのドラマにレギュラー出演しています。

今注目される若手俳優の一人です。

「偽装不倫」で話題に!

特に注目されたのは、2019年7月~9月に放映された「偽装不倫」でしょう。
ボクサーで、仲間由紀恵さん演じる主人公の姉と不倫しているピンク髪の青年役です。

天才外科医とは真逆に近いビジュアルと役柄を、見事に演じていました。

ポスターにも主要キャラとして載っていますね。
ピンク髪はかなりのインパクトです。

今は黒髪に戻っていますが、ピンク髪は本人にとってもよほど印象的だったのか、2020年のカレンダーもすべてピンク髪で撮影したそうです。
どちらの髪色も似合っているのはすごいですね!

今後の活躍も期待!

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」