今のなぜなに?ふしぎ!にこたえる科学絵本10選!日食、梅雨のお天気やカタツムリ、傘の仕組みまで!

目次 目次

雨の季節になりました。天気は変わりやすく、雨はよく降ります。
今まで隠れていた湿気を好む生き物たちが顔を出してきます。
子どもは好奇心いっぱい!

雷が鳴るのはなぜ?
ミミズの口ってどこにあるの? どっちがお尻なの?
ジャンプ傘ってどんな仕組みになってるの?

さらに今年の6月は天体ショー!部分日食がおこります。
なんでおひさま欠けちゃうの!?

さまざまな不思議を小さな子どもの受け止めやすい絵本で読んであげませんか?

1. はじめてのうちゅうえほん

はじめてのうちゅうえほん

Amazonより

【定価】1,800円+税【絵】てづか あけみ【監修】的川 泰宣【出版社】パイ インターナショナル

今年の6月21日は盛りだくさん!
父の日・夏至・日食 と3つもイベントが重なるのです。
次回この3つが重なるのは700年以上も先のことなんだとか。
パパと一緒に部分日食を見てみたいですね!

日食に疑問をもったらこちらの絵本から宇宙へ飛び出しましょう!
今人類が宇宙で何をしようとしているのか? まで分かりやすくかわいいイラストで載っています。

2. てんきはどうしてかわるの?

てんきはどうしてかわるの?

Amazonより

【定価】1,700円+税【文】ケイティ・デインズ【絵】クリスティーヌ・ピム【訳】みた かよこ【出版社】大日本絵画

お天気が変わりやすい今の時期にありがちな疑問が書かれためくりをめくると短く、3~4行で答えが現れます。
どうしてあめがふるの? かみなりのおとがおおきいのはなぜ?

大人も「えっ?なんで?」って思っちゃう素朴で深い質問にやさしく答えてくれますよ。

3. あしたのてんきははれ?くもり?あめ?

あしたのてんきははれ?くもり?あめ?

Amazonより

【定価】900円+税【著】野坂勇作 【出版社】福音館書店【対象年齢】4歳~

天気予報ってなかなか当たらないですよね。

実は自分でも天気予報ってできるんですよ。
雲の形は? 流れは? 夕焼けの色を見て! 生き物たちはどんなふうに動いているかな?
身の回りをようく観察して、明日の天気を当ててみましょう!

4. うめぼしさん

うめぼしさん

Amazonより

【定価】1,200円+税【文】かんざわ としこ【絵】ましま せつこ【出版社】こぐま社 【対象年齢】3歳~

梅雨ってどうして「梅」の雨なのかご存じですか?
そう! 梅の実が熟す時期だからです。
スーパーなどでも梅の実と赤紫蘇が並んでいますね。
こちらの絵本は梅が花咲き、実ができて、梅干しにされていく様子をリズミカルな日本語とどこか懐かしい貼り絵で表現した絵本です。

5. きのこの絵本

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

「おさつスイスイ!セルフでピピッ♪ アンパンマンレジスター」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ