「みなとみらい・桜木町」周辺エリアは遊んで学べる人気スポット!親子で楽しめるおすすめの遊び場7選

目次 目次

お得で便利なチケットのご案内

おすすめスポットをご紹介する前に、「みなとみらい・桜木町」周辺エリアの移動に便利なチケットのご案内です。

お子様連れだと荷物も多く、歩くのが大変ですよね。
それでも出費は抑えたいし…というときに便利なチケットと路線をご紹介します。

みなとぶらりチケット

大人500円、小児250円の1日乗車券です。
市営バスは、横浜~元町・港の見える丘公園、三溪園の区間利用でき、市営地下鉄ブルーラインは、横浜駅~伊勢佐木長者町駅の区間利用できます。
また、以下ご紹介する観光スポット周遊バスにも使えます。
提携店に提示することで割引などの特典も受けられる、お得なチケットです。

詳細はこちら

あかいくつ

レトロ調の赤いバスが特徴的で、桜木町駅前から乗ることができます。
中華街や元町を巡る「Cルート」と、みなとみらいを巡る「Mルート」があります。

詳細はこちら

ぶらり観光SAN路線・ピアライン

行き先がすぐにわかるラッピングバスで、「ぶらり三溪園BUS」「ぶらり赤レンガBUS」「ぶらり野毛山動物園BUS」の3つと、横浜ハンマーヘッドへ行く「ピアライン」があります。

詳細はこちら

ぜひこのようなチケットや乗り物を使って、お得に楽しくお出かけしましょう!
それでは、「みなとみらい・桜木町」周辺の、7つのおすすめスポットをご紹介します。
コロナウイルスの影響で変更がある可能性があるので、営業時間や休業日等は公式サイトでご確認ください。

「Orbi Yokohama(オービィ横浜)」は動物と触れ合えるパーク

Orbi Yokohama(オービィ横浜)

出典元:Orbi Yokohama 公式ホームページ

「MARK IS(マークイズ)みなとみらい」の5階にある、セガが企画開発しているエンタテインメントパーク。
大自然や動物たちの世界を体感できるエキシビジョンが数多くあります。

動物との触れ合いが楽しめるコーナーやイベント、立体的な映像と体感演出で臨場感のあるミニシアター、昆虫サイズの世界のプレイグランドなど、都会にいながら大自然を「見て」「触って」「学ぶ」ことができます。
各エキシビジョンには別途料金や時間制限などがあるのでご注意ください。

珍しい昆虫の標本の展示や、ゆっくりできるカフェが併設されているので、パパやママも楽しめますよ。

入館料:幼児無料、小学生300円、中学生と高校生500円、大人800円
入館料+フリーパス:幼児1,200円、小学生1,600円、中学生と高校生1,800円、大人2,400円
アクセス:「みなとみらい駅」直結の「MARK IS みなとみらい」5階

「あそびのせかいマークイズみなとみらい店」で室内のアスレチック体験

あそびのせかい マークイズみなとみらい店

出典元:あそびのせかい マークイズみなとみらい店 公式ホームページ

「MARK IS(マークイズ)みなとみらい」の3階にある、室内あそび場「キドキド」と世界の遊具を販売する「ボーネルンドショップ」との複合施設です。

大きなトランポリンで跳んだり走ったりできる「アクティブオーシャン」や、おままごとや組み立て遊びのできる「ディスカバリータウン」など、さまざまなテーマに分かれた遊具やおもちゃのゾーンがたくさんあります。

室内なので天候を気にすることはありませんし、ダイナミックな遊具もあるので、外遊びのように親子で体をしっかり動かせます。

利用料金:大人600円、子ども(6ヶ月〜12歳)600円(30分後10分ごとに100円の延長料)
平日1DAYパス: 大人600円、子ども1,100円
アクセス:「みなとみらい駅」直結の「MARK IS みなとみらい」3階

「よこはまコスモワールド」は大観覧車が目印の遊園地

横浜のランドマークが一望できる大観覧車「コスモクロック21」のある遊園地。
迷路やシアター、メリーゴーランドなど定番のアトラクションや、キッズコースターやサイクルモノレールなど開放感のある乗り物など、たっぷり遊ぶことができます。

入園料無料でアトラクションごとに料金が掛かるので、「今日は観覧車だけに乗ろうか」とお散歩気分で遊びに来ることも可能です。

入園料:無料(アトラクション毎に料金が必要)
アクセス:「みなとみらい駅」より徒歩約2分

「ハムリーズ横浜ワールドポーターズ店」はテーマパークのようなおもちゃ屋

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」