【東京・高尾山】初登山にもぴったり!子連れで楽しむ《高尾山》

目次 目次

高尾山とはどんなところ?

https://mttakaomagazine.com/guide

京王線高尾山口駅から徒歩5分で到着する高尾山は、海外からの観光客も数多く訪れる観光名所。ケーブルカーやリフトなどで、山腹までの移動も楽に行うことができます。

高尾山登山は付近の幼稚園・小学校の定番遠足コースでもあるように、ベビーカーでの登山が可能なほど歩きやすく整備されているため、子どもの初登山にもぴったり。
授乳室やおむつ交換台など子連れ向けにも整備されており、子どもが楽しめるスポットもたっぷりとあります。

爽やかな風や緑豊かな自然を身近に感じることができるスポットとして、子どもとのお出かけにおすすめです!

ケーブルカー or リフト?2つの乗り物が楽しめる!

https://mttakaomagazine.com/spot/lift

子連れで高尾山に来たらまず楽しみたいのが、珍しい乗り物!
高尾山には山腹まで一気に行ける乗り物として、「ケーブルカー」と「リフト」の2種類があります。

「ケーブルカー」の料金は、大人片道490円、往復950円。
小学生片道250円、往復470円で、未就学児は大人1人に対し1人無料となっています。
「リフト」もケーブルカーと同価格(ただし、3歳以上から小児料金)なので、上りはケーブルカー、下りはリフトと2種類楽しむ方も多いですよ。

バリアフリーの登山道もあるためベビーカーをケーブルカーに乗せて行くこともできますが、預けたい場合には麓にある「清滝駅」の窓口にて300円で預かってもらえます。
小さい子ども連れの場合には、ケーブルカーの方がよいでしょう。

山腹までの登山道もありますが、少し大変な道のりなので、乳幼児をお連れの場合は乗り物を使うのがおすすめです。

子どもにおすすめの登山道「1号路」とは?

https://mttakaomagazine.com/trails/1st

山頂までの登山に挑戦する場合、子ども連れの場合にはケーブルカーやリフトで山腹まで移動し、登山道が最も歩きやすい1号路を使うのがおすすめ。
展望台やさる園、薬王院などを経由していく1号路は、ほとんどの区間がベビーカーでも行けるほど歩きやすく舗装されているのに加え、トイレにも途中で寄ることができます。

トイレは、山上駅には2箇所、薬王院には1箇所、山頂付近には2箇所設置されているので安心です。

また、山上駅から薬王院までは徒歩30分ほど、薬王院から山頂までは20分ほどで到着する手軽さも◎。特に小さい子ども連れの場合には、本堂右手からのルートがより緩やかなのでおすすめですよ。

高尾山はおむつ交換台や授乳室も充実!

https://mttakaomagazine.com/blog/7468

自然豊かな山々に囲まれた場所ですが、高尾山にはおむつ交換・授乳ができる場所も十分に備わっています。

まず、高尾山の麓にある清滝駅周辺にある2015年オープンの施設「TAKAO 599 MUSEUM」には、きれいな授乳室とおむつ換え室、また女性用トイレにもおむつ交換台があります。

次にケーブルカーの山腹「高尾山駅」付近では、2018年にオープンした「高尾山スミカ」内にきれいな多目的トイレのおむつ換えスペース、そして授乳室が設置されています。

山頂付近では「高尾ビジターセンター」にて授乳・おむつ替えが可能な救護室があるため、窓口で申し出ることで使うことが可能。
そして山頂下にある2階建ての2012年にできたきれいなトイレには、男女共におむつ交換台、そして多目的トイレも設置されているので、安心しておむつ交換が可能です。

清潔感のある新しいトイレも数多くあるため、乳幼児連れでも快適に山を楽しめますよ。

子連れにおすすめ!高尾山&付近の4つのおすすめスポット

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」