『シンデレラ』『アラジン』には続編が!?ディズニー映画のおすすめシリーズは?

目次 目次

『ライオン・キング』3部作

『ライオン・キング』(1994)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91wMV1OpBEL._SX900_.jpg

1994年に公開された『ライオン・キング』は、ディズニー32作品目となるアニメーション映画で、2019年にはフルCGによるリメイクもされた人気作です。動物の王国プライドランドの王であるライオンのムファサとサラビの息子シンバが、愉快な仲間との冒険や父の死を乗り越え王になるまでを描いた成長物語になっています。

『ライオン・キング2 シンバズ・プライド』(1998)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91pE8EqdpZL._SX900_.jpg

1998年には、第2弾『ライオン・キング2 シンバズ・プライド』がビデオ作品として制作されました。前作で立派な王へと成長したシンバと妻ナラの間に生まれたおてんば娘キアラを主人公にした作品で、前作の悪役スカーの息子コブと出会いと恋物語、スカーの仇としてシンバ暗殺を企むコブの親族ジラとの闘いなどが描かれています。

『ライオン・キング3 ハクナ・マタタ』(2004)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91cGcDUSZXL._SX900_.jpg

2004年には、第3弾『ライオン・キング3 ハクナ・マタタ』が、VHSおよびDVDスルーで制作されています。本シリーズの人気キャラクターであるティモンとプンバが主人公です。この2匹が映画館で前2作を振り返るところから物語が始まり、トラブルメーカーのティモンがプンバと出会い、冒険と友情を育みます。

『シンデレラ』3部作

『シンデレラ』(1950)

https://www.imdb.com/title/tt0042332/mediaviewer/rm2391643648

『シンデレラ』は、ウォルト・ディズニーがシャルル・ペローの童話をベースに27年構想を練り、第二次世界大戦で制作が中断されながらも、戦後に再会し1950年に公開した名作アニメーション映画です。最愛の父を亡くし、意地悪な継母と2人の姉に扱き使われていたシンデレラが、フェアリーゴッドマザーの魔法で美しく着飾り、王子と結婚するまでが描かれています。

『シンデレラⅡ』(2002)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81pseH6iveL._SX900_.jpg

2002年には、ビデオスルーで『シンデレラⅡ』が制作されています。前作で王子と結婚したシンデレラのその後が描かれており、一緒に城へ越してきたネズミのジャックやガスが、城で起こる3つのエピソードを絵本にまとめ、シンデレラにプレゼントするというお話です。

『シンデレラIII 戻された時計の針』(2007)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/918DRNzrzsL._SX900_.jpg

2007年には、ビデオスルーで『シンデレラⅢ 戻された時計の針』が制作されました。本作では、シンデレラの意地悪な姉の一人アナスタシアが丸くなりシンデレラと仲良くなります。しかし、シンデレラはフェアリーゴッドマザーの魔法が王子との結婚に繋がったことを知ったアナスタシアは、偶然魔法の杖を入手し、時間を戻して王子と自分が結婚しようと企みます。

『アラジン』3部作

『アラジン』(1992)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91Z3SQ2U2hL._SX900_.jpg

1992年に公開された映画『アラジン』は、アメリカで1993年のビデオ販売数年間1位、日本でもセルビデオ歴代1位の大ヒットを記録した、ディズニー・ルネッサンス時代の成功作の一つです。魔法のランプを手に入れた貧しい青年アラジンが、ランプの魔人ジーニーの手を借り、ジャスミン姫との恋を実らせようとする一方、王国の支配を企みランプを奪おうとする国務大臣ジャファーとの闘いが描かれています。

『アラジン ジャファーの逆襲』(1994)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91qX-Lbs95L._SX900_.jpg

続編『アラジン ジャファーの逆襲』は、1994年にビデオスルーとなった作品です。前作でジーニーの力を手に入れ相棒イアーゴと共にランプに封印されたジャファー。ランプからどうにか抜け出したイアーゴは、ジャファーの横柄な態度に嫌気がさしランプを井戸に捨て、ビス・マルら盗賊団からアラジンを偶然救ったことで宮殿へ戻ります。しかし、ビル・マルが井戸でランプを見つけ、ジャファーを呼び起こしてしまいます。

『アラジン完結編 盗賊王の伝説』(1996)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91H7w9x6yKL._SX900_.jpg

1996年に制作されたビデオ作品『アラジン完結編 盗賊王の伝説』は、英語版で長年ジーニー役の声を務めた俳優ロビン・ウィリアムズが出演した最後の長編映画作品です。アラジンとジャスミンの結婚式で、40人の盗賊団が王宮に保管された「お告げの杖」を奪おうと襲来します。アラジンは盗賊団の撃退に成功しますが、「お告げの杖」によって盗賊団の首領カシームが幼い頃に生き別れた父親だと知らされます。

『美女と野獣』3部作

『美女と野獣』(1991)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/515IJhFMsSL._AC_SY445_.jpg

『美女と野獣』は、同名のフランス民話を原作にした1991年のディズニー長編アニメーション映画です。わがままで傲慢が王子が魔女の呪いによって野獣の姿に変えられてしまい、薔薇の花びらが全て散るまでに人を愛し愛されることを学び“真実の愛”を見つけなければならないという物語で、街一番の美貌を持つ心優しいベルとのロマンスが描かれています。

『美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』(1997)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61AQ6LMObSL._AC_SY445_.jpg

続編『美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』は1997年制作のビデオ作品です。前作で野獣や城の人々の呪いが解かれ、クリスマスの準備が進められていました。そんな中、ポット夫人が、かつてクリスマスを祝うことを禁じられ、ある人のお陰で再び祝えるようになったという思い出話を始めます。前作の序盤で野獣の下から逃げ出し、吹雪の中で狼の群れに襲われたベルを野獣が助け出したシーンの後に続く物語として描かれてるパラレルワールド的なお話です。

『美女と野獣 ベルのファンタジーワールド』(1998)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61%2Bztd4HgtL._AC_SY445_.jpg

第3弾『『美女と野獣 ベルのファンタジーワールド』は1998年のビデオ作品です。いくつかの短編ストーリーで構成されており、『大切なことば』『フィフィとルミエールの記念日』『とべない小鳥(傷ついた小鳥)』の3エピソードが収録されています。スペシャル・エディションでは『ポット夫人のパーティー』も本編に追加されています。

『リトル・マーメイド』3部作

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!