本当におすすめの3歳からの知育玩具9選+番外編

目次 目次

知育玩具(ブロック)

知育玩具ブロックで世界的に最も著名な「レゴ」を販売するレゴジャパンが2018年に実施した調査で、東京大学出身者の約7割がレゴで遊んでいたことがあると回答し、子供の頃にレゴで遊んだことで自身の能力やセンスに影響があったと85%が回答していたりと、ブロックはゴールが定められていない分あらゆる可能性を秘めており、子供の「想(創)像力」「集中力」「探究心」を伸ばしてくれる最適な知育玩具です。

推奨年齢1歳半から6歳くらいまで遊べる最も付き合いの長い玩具で、最初に与えたい玩具です。

方向性の違いで様々な種類がありますが、今回はレゴ互換の「ブロックラボ」、レゴとは方向性の違う立体感覚・空間認識能力を養うマグネットブロック玩具からおすすめを紹介します。

2歳から遊べる学研の「ニューブロック」シリーズは今回あえて紹介しませんが、おすすめのブロック玩具ですので気になった方は一度調べてみてください(購入するなら「のりもの」「たっぷり」です)。

レゴジャパンの調査結果プレスリリース掲載サイト-PR TIMES-

ブロックラボ アンパンマン 「パン工場とすべり台のおうちブロックバケツ」

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71W6FNMXBbL._SL1500_.jpg

「レゴデュプロ」とほぼ互換性のある人気ブロックラボシリーズ!

3歳でもまだまだアンパンマン大好き!というお子さんを持ちの方におすすめ。1歳半からの入門モデル"ファーストブロックシリーズ"に追加できる"ワールドブロックシリーズ"です。昨年までは「おおきなパン工場」が人気でしたが、今年は後継にあたる「パン工場とすべり台」が売れています。

おおきなパン工場もまだ店頭在庫はあるようなのでお子さんの好みで選んであげましょう!

年数が経過し上の子が大きくなってアンパンマンを卒業しても、下の子はアンパンマン、上の子はレゴデュプロでと棲み分けしながら一緒に遊べる互換性(メーカー非公認)を有していますので、上の子が大きくなったらレゴデュプロを追加してあげてください。

公式サイト

KitWell マグビルド マグネットブロック

正三角形・二等辺三角形・正方形・長方形・半円・おうぎ型・五角形・六角形・台形・ひし形、計10種類全70ピース

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91cLKnwCXyL._SL1500_.jpg

安全性を売りにしたマグネット玩具

知名度の高い「マグ・フォーマー」「ピタゴラス ひらめきのプレート」と方向性が一緒のマグネットブロックで安全性にこだわりがあり、今売れている知育玩具です。成長に合わせて遊び方が変化しながら6歳くらいまで遊べます。

レゴブロック等と同じくゴールがないためパーツを買い足せば可能性は無限大。子どもの創造力を伸ばしてくれます。

おもちゃでは珍しい12ヶ月保証がついているのも安心できるところで、メーカーは素材に日本製を使うこだわりや、日本の食品衛生法、アメリカの玩具安全基準などをクリアしていることをうたっています。

メーカーサイト

知育玩具(時計)

生活習慣のリズムを覚えさせるのに一つは買ってあげたい知育玩具、それが時計です。

時間の概念を覚え始めると「あの針が12になったらおやつにしようね」「あの針が6になったらお風呂に入ろうね」など言葉をかけることで何時にご飯、何時におやつなどを大人が言わなくても最終的に理解し生活習慣が段々と身についていきます。

おすすめは「定番くもんの時計」と「一石二鳥な製品」です。

くもん NEWくるくるレッスン