【4歳〜】かわいくて味わい深い『チェコ』の絵本は、大人にもおすすめのアート雑貨。

目次 目次

チェコは絵本大国!

https://news.arukikata.co.jp/column/sightseeing/Europe/Czech_Republic/PRAGUE/153_278114_1526279705.html

中央ヨーロッパに位置する小さな国、チェコ共和国。
首都のプラハは美しく古い街並みもさることながら、アートにあふれた刺激的な街であることも有名です。近年日本でも、ヤン・シュヴァンクマイエルに代表されるようなチェコアニメーションが話題になりましたね。

そんなチェコ、あまり知られてませんが実は「絵本大国」でもあります。
なにをかくそう、子どもに向けて世界で最初につくられた絵本ともいわれる「世界図絵」も、作者はチェコの教育者なんです。

なぜチェコで絵本が盛んになったのか?実はそれには歴史が関係しています。
社会主義時代に表現の自由を奪われていたなか、自分たちの感じたことを表現できる場が、こうした子ども向けの絵本やアニメだけだったのです。

こうした事実を知ると、チェコの人たちが絵本へ向ける思いに、普通以上のものがあることを実感しますね。

① もぐらとずぼん

https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=92

もぐらは干してある青いずぼんを見つけて、自分も欲しくなってしまいます。
たからものをたくさんポケットに入れられるステキなずぼん。ですが、どうやって手に入るかわかりません。

虫や動物、草花の協力を得て、もぐらはずぼんを作ります。


チェコを代表する絵本作家、ズデネック・ミレルの「もぐらくん」シリーズ。読んだことがなくても、見かけたことのある方は多いかもしれません。

もぐらくんも、次々に登場する生き物たちも、みんなかわいらしく魅力的!

https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=92

青いずぼんを手に入れるまでのもぐらの働きを、ユーモラスに描きます。

最後にズボンか出来上がったときの達成感はなんともいえません!
ズボンを履いたもぐらくんがとてもかわいいです。

② おんなのことあめ 

https://www.amazon.co.jp/dp/4593500591/

大人、ちょうちょ、ハチ、みんな雨のことが嫌いです。
そんな嫌われ者の雨ですが、初めて受け入れてくれた女の子と友達になります。

しかし、友達になった女の子はどこかに行ってしまいました。そこで、雨は女の子を探すことに・・・。
女の子はいったい、どこに行ってしまったのでしょうか?


チェコの人気絵本作家ヤン・クドゥラーチェクによる、とても心温まる絵本です。
女の子と遊ぶ幸せそうな雨、人ごみのなか 女の子を探しまわる雨。雨の色彩が感情のように変化し、思わず大人もキュンとなってしまいます。

読んだあとは雨のことが好きになる、そんな気持ちにさせてくれる絵本です。

③ アマールカ 森番をやっつけた日 

https://www.amazon.co.jp/dp/4905312140/

おしゃまな森の妖精「アマールカ」は、ダンスが上手で、やさしくて、勇敢で、自分のことが大好き。
そんなアマールカは森番に襲われていた子ジカを助けて、彼女ならではの可愛らしい魔法で、森番をこてんぱんにやっつけちゃいます!


チェコで子どもが寝る前に見る定番人気アニメ、森の妖精「アマールカ」の絵本版です。
基本はのんびりとした世界観なのに、なぜかちょっぴり毒っ気もあるストーリー。

水に写った自分を見て「うふふ わたしってかわいいのね」と言ってしまうアマールカ。
かっこよくて、かわいくて、おてんばで、とても痛快。女の子には特におすすめです!

④ ちびとらちゃん 

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える