【5歳〜】ファッション&オシャレを学べる絵本 おすすめ6冊|“着る”楽しみを知ろう!

目次 目次

オシャレに本格的に興味を持つのは何歳頃から?

一般的に、子どもが自分の着るものに興味を示すのは7歳以上、つまり小学生の年齢と言われています。

しかし早い子では4〜6歳くらいの段階で、機能的な面だけでなくデザインや色にも興味を示すそう。この傾向は特に、女の子のほうに強いという特徴があります。

もしパパママがオシャレ好きだったら、早いうちからオシャレに興味を持ってもらって、家族コーデを楽しみたいですよね!

そんなときに活用したいのが、子どもたちの大好きな「絵本」です。
普段から身近な存在である絵本を使えば、内容もすんなりと入ってきて、たちまちオシャレに興味が出ることでしょう!

①こぐま社 わたしのワンピース

https://books.rakuten.co.jp/rb/248699/

1969年刊行、50年経ってもなお子どもたちから支持されるロングセラー作品です。

「ミシン カタカタ」「ラララン ロロロン」など。
カラフルな色のワンピースだけでなく、耳に残るリズミカルな言葉がとても特徴的で、子どもたちの印象に残ります。

ふしぎなワンピース

http://www.kogumasha.co.jp/product/411/

うさぎさんがワンピースを作りました。
ワンピースを着てお花畑を散歩すると、ワンピースが花模様に......。

次々と変わるワンピースの模様に心を奪われる絵本です。

ただ読み聞かせをするだけではなく、子どもとワンピースの柄についてあれこれ語り合うのも楽しい読み方ですよ!

②偕成社 ナナとミミはぶかぶかひめ

https://books.rakuten.co.jp/rb/12300508/

仲良し姉妹のナナとミミは、好奇心旺盛でちょっとオマセ。

ふたりのおばあちゃんの家には、秘密のお部屋がたくさん。そこには背の高いタンスがいっぱい並んでいます。
引き出しを開いてみると、出てきたのはオシャレな帽子や靴、さらによそいきのドレスや宝石たち!

「あら、すてきですこと!」「ですことネー!」
オマセな2人はお姫様気分でオシャレを楽しみます。

小さい女の子に芽生えたオシャレ心と、子どもたちの大好きな大人のマネごとが、ユーモアたっぷりに描かれています。

③偕成社 ボタン 

https://shop.r10s.jp/book/cabinet/3306/9784033313306.jpg

ママのクローゼットの奥にある箱のふたを開けると、中にはボタンがいっぱい!

星のボタン、虫のボタン、葉っぱのボタン、そらいろのボタン、貝殻もようのボタン……。
どんな服についていたのか、想像するだけでも楽しい気分になります。

でも、どうしてもわからないボタンもある。
ママはどんな格好をしてこのボタンをつけていたんだろう?

ボタン一つから、たくさんのイメージを膨らませてくれるステキな絵本。ママの若い頃を想像する楽しさも一緒に味わえます。

作者の森 絵都さんは直木賞受賞作家。着眼点のおもしろさに魅せられる作品です。

④コクヨ おしゃれノート 

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント