子どもの心を豊かにするおすすめの動物ドキュメンタリー映画3選【親子でオンラインで楽しめる】

目次 目次

 

『小さな世界はワンダーランド』

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/711kbQI6hGL._AC_SL1240_.jpg

 
 
『アース』『ネイチャー』などを贈り出してきたBBCアースが、『トイ・ストーリー』『ファインディング・ニモ』のピクサー・スタジオの協力を得て誕生させた、新しいジャンル“ドラマチック・ドキュメンタリー”作品『小さな世界はワンダーランド』。

シマリスとスコーピオンマウスという小さな動物の視点でとらえた、おとぎ話のような世界観が繰り広げられます!
2匹が成長していく様子が上質な映像で描き出され、大人も子どもも、小さな動物たちの冒険の世界に入り込んで楽しむことができます。
 
 

とても可愛いシマリスとスコーピオンマウスが大奮闘!

 
神秘的な原生林に住む子シマリスと、空っぽな砂漠に流れついた子スコーピオンマウス。
生まれて初めて家族と離れた彼らは、大人になるために“不思議の世界”へと歩を進めます。
そこには、おとぎ話の悪役のような大きなクマやオオカミがいたり、命を狙うハンターが現れたりしますが、シマリスとスコーピオンマウスは、それぞれ知恵を絞って奮闘し、勇気を出して確かな一歩を踏み出していきます。

日本語版のナレーションは斎藤工さん(美声です!)。
文部科学省選定作品です。

色彩豊かな背景に、とても可愛らしいシマリスとスコーピオンマウスが駆け回り、見ていて飽きることがありません。
44分という尺の映画なので、小さい子どもたちも楽しく見られます。
 
 

予告編

 
 

 
 

 
 

『シーズンズ 2万年の地球旅行』

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81RkeGB2E9L._AC_SL1465_.jpg

 
 
『オーシャンズ』『WATARIDORI』のジャック・ペラン監督による、映像で2万年のタイムトリップを楽しむネイチャードキュメンタリー作品。
動物たちと一緒に旅する感覚が味わえます!

氷河期の最厳寒期から現在までの約2万年に及ぶ、地球と生命の歩みを体感できる『シーズンズ 2万年の地球旅行』。
世界初の無音小型バギーを用い、カメラが馬やオオカミと同じ目線で疾走。
『WATARIDORI』の時に開発された軽量飛行機を改良し、雁の群れに並走飛行した撮影も敢行されました。
野生動物の行動をありのままに映し出す映像は、親子で夢中になって見ることができます。
 
 

見ると親子で語り合いたくなる!

 
およそ7万年前から続いてきた最終氷期の中で、最も厳しい寒さに見舞われたのが約2万年前。
その時期から、長い時間を経て、人間たちは文明を発展させつつ、必要以上に自然を怖れ、全てを支配しようとしてきました。
一方で、雄大であり続ける大自然の中で暮らす動物たちは、時代の変化に合わせ、環境に適応しながら逞しく生きてきました。
この映画では、再び人間と自然が穏やかに共存することは夢ではないと教えてくれます。

見たこともないような大自然と動物の姿から、子どもたちはたくさんのことを学べます。
見終わった後、親子で感想を語り合ったり、環境について考えたりしてみてはいかがでしょうか。

日本語版のナレーションは、笑福亭鶴瓶さんと木村文乃さん。
子どもたちに語りかけてくれるような優しい声が素敵です。
 
 

予告編

 
 

 
 

 
 

『皇帝ペンギン』

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71xwGpGDjIL._AC_SL1240_.jpg

 
 
極寒の南極で、どんなにつらくても生き抜いていく皇帝ペンギンたちを追った、動物行動学者のリュック・ジャケ監督による感動のドキュメンタリー。

近年は、愛らしい赤ちゃんペンギンのキャラクター「コウペンちゃん」が大人気ですが、“ペンギン・ブーム”を生み出すきっかけとなったのが、この『皇帝ペンギン』です。

過酷な自然環境の中で、皇帝ペンギンたちが困難を乗り越えながら、深い愛情で親から子に命をつないでいく姿が映し出されます。
 
 

母ペンギンと父ペンギンの深い愛情が感動的!

 
南極大陸で暮らす皇帝ペンギンたち。
冬が近づき、彼らはオアモック(氷丘のオアシス)へと100キロもの距離を行進するかのように歩いていきます。
無事 産卵を終えた母ペンギンは、卵を父ペンギンに託し、エサを求めて再び海へと旅立ちます。
父ペンギンは仲間同士で寄り添い、卵を温め合って、マイナス40度の寒さの中、激しいブリザードが来ようとも、120日間 絶食状態で卵を守り、母ペンギンがエサを持ち帰るのを待ち続けます。

皇帝ペンギンの親の愛が感動的で、この映画を見た子どもたちはきっと何かを感じ取ることでしょう。
赤ちゃんペンギンも最高に可愛らしく、大人の心も癒やされます!

母ペンギン、父ペンギン、子ペンギンの心の声をナレーションで挿入するという演出が画期的。
日本語版では、石田ひかりさん、大沢たかおさん、神木隆之介さんが声を担当しています。
穏やかで心が温かくなります。
文部科学省 特別選定作品です。
 
 

外部リンク

 
 

まとめ

 
子どもたちの心を育む動物ドキュメンタリー映画、3作品を紹介しました。

動物園で見る動物たちとは違う、大自然の中で生きている動物たちが登場する映画を、ぜひ子どもたちと一緒に楽しんで見てください!

子どもたちがどのような反応をするか、見た後にどう思ったかを確認し、子どもの成長を知る良い機会になればと思います。
 
 

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」