「くもんの日本地図パズル」で日本地図を楽しく覚えよう!(レビュー)

目次 目次

皆さんは日本地図をどのように覚えましたか。

地図帳を見て1つずつ覚えた人も多いのではないでしょうか。

地図を見ながら日本地図を覚えていくというのは、子どもにはなかなか大変な作業です。

どうせなら遊びながら日本地図を覚えられたと思いますよね。

そんな方に最適なのが「くもんの日本地図パズル」です。

ここでは「くもんの日本地図パズル」の遊び方だけでなく、実際に遊んでみてどのような効果があったか、またどんな注意点があるのかについて紹介します。

皆さんも子どもと一緒に日本地図をもう一度確認してみましょう。

「くもんの日本地図パズル」とは

パズルを完成させたところ

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81DrS0ByxiL._AC_SL1500_.jpg

「くもんの日本地図パズル」とは、47の都道府県の形になっているピースを地図に当てはめることで日本地図を完成させるパズルです。

「くもんの日本地図パズル」の特徴は2つのピースが用意されていることです。

1つは「基本ピース」というカラフルなもので、もう一つは「発展ピース」という無地のものです。

「基本ピース」は地方ごとに8色に塗り分けられているので、どの地方に、どのピースが当てはまるのかわかりやすくなっています。

一方「発展ピース」は一色で統一されていますので、「基本ピース」よりも難易度が高いです

またシールとしてひらがなシールが用意されており、漢字が読めない子どもでも勉強できるようになっています。

さらに目隠しシールもあります。

都道府県名を見なくても形だけでそのピースがどの都道府県であるかわかれば、理想ですよね。

「くもんの日本地図パズル」の遊び方

「発展ピース」を使ったパズル

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71JRUUw4yxL._AC_SL1500_.jpg

「くもんの日本地図パズル」の遊び方は、「基本ピース」を使うところから始まります。

「基本ピース」は色をヒントにして日本地図を完成させます。

時間を計って早く完成できるようになったら、「発展ピース」を使ってみましょう。

「発展ピース」もすぐにできるようになったら、「目かくしシール」で都道府県名を隠して、日本地図を完成させましょう。

またそれぞれのピースの都道府県名を隠したまま、相手に見せてどの都道府県か当てるというゲームも楽しいです。

そうすることで自然と都道府県名を覚えられます。

「くもんの日本地図パズル」の効果は?

教室では日本地図を覚える際に、この「くもんの日本地図パズル」を使っています。

遊びながらできるため授業の最後や、休み時間などでも、子どもたちは楽しそうに取り組んでくれます。

都道府県名を覚えるという意味ではかなり効果的です。

実際にこのパズルを使って、どこにどの都道府県があるのか、覚えられた4年生がいました。

こうしたパズルのような形だと、勉強をしているという意識が少なくなり、自然と都道府県が覚えられるようです。

「くもんの日本地図パズル」を遊ぶ際の注意点

「くもんの日本地図パズル」を遊ぶ際の注意点は3つあります。

これらの注意点を踏まえて「くもんの日本地図パズル」を遊ぶようにしましょう。

1.漢字で都道府県を書けるようになるには練習が必要

漢字で都道府県名を書けるようになるためには、書く練習が必要です。

まずは正確に都道府県の形と場所を覚え、そのうえで漢字でも書けるように練習していきましょう。

小学生の間に都道府県名をすべて漢字で書けるようになると、中学受験も楽ですし、中学生になってからも社会の勉強の負担が少なくなりますよ。

2.形だけを覚えてはダメ

「くもんの日本地図パズル」は形を見ながら日本地図を完成させるものです。

つまりピースが当てはまってしまえば、完成になるわけです。

中にはピースを当てはめることだけに集中し、その形がどの都道府県なのか覚えていない子どももいます。

このやり方だと都道府県を覚えられません。

どのピースがどの都道府県なのかをしっかりと確認させながら、日本地図を完成させるようにしましょう。

そうすることでより「くもんの日本地図パズル」の効果が上がるでしょう。

3.高学年は県庁所在地も一緒に覚えた方がいい

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

7月4日(日)放送開始「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」