赤ちゃんOK!ボールプールにもなるおすすめのジム・ドームおもちゃ 4選

目次 目次

多様性のあるボールプールを選ぶと、飽きる心配がない!

屋内遊戯施設やキッズスペースでも設置されていることが多いボールプール。おうちで思いっきり遊べるアイテムとして、室内用のプールタイプやテントタイプのボールプールもとても人気がありますよね。

しかし、ボールプールとして遊ぶだけだとどうしても飽きが来てしまいます。そのため最近では、ボールプールとしての用途以外でも遊べるさまざまな工夫がされたものが発売されています。

とくに、0歳から遊べるおもちゃが付いたタイプのもので、赤ちゃんのうちは「ベビーサークル」や「ベビージム」などとして。大きくなったら「ボールプール」にして……などなど、長い期間遊ぶことができるものはおすすめ。自分の子にはもちろん出産祝いにも選べて、長く活用することができます。

今回ご紹介するものは、どれも使わない時はコンパクトに収納ができるように作られているので、大きくて邪魔になるのではないかという心配もありません。

お外で遊べない日のおうち遊びの一つとして取り入れてみるのもおすすめですよ。

①k’s kids(ケーズキッズ)ボールザウルス/ボス

https://www.dadway-onlineshop.com/display/item/?di=1248

カラフルな恐竜がモチーフになっていて、ボールは60個セット!中で楽しくボール遊びができちゃいます。

恐竜のボディにもカラカラと鳴るラトルや、ミラーなどの赤ちゃんが喜ぶしかけがいっぱい。まだまだボール遊びができない月齢の時も、しかけの付いたぬいぐるみとして楽しむことができますよ。

1歳になるくらいまでは恐竜のおもちゃを振って音を楽しんだり、まずはボールを握って遊んでみましょう。上手になったら、軽くボールを投げてキャッチしてもらうキャッチボールで遊んでみると良いですね。

遊んだ後は、ボディにボールを収納してお片付け。恐竜のデザインがとても可愛いので、出産祝いやプレゼントにも喜ばれそうですね。

※対象年齢 6ヶ月〜


▼コンパクトに、ちらかさずに遊べるのが嬉しい♪

https://item.rakuten.co.jp/flclover/tykk10445/

② Bright Starts(ブライトスターツ) 5-in-1 ヨアウェイ ボール プレイ アクティビティジム

https://item.rakuten.co.jp/toysrus/581258501/

いろんな動物が描かれているベビージムは、赤ちゃんの成長に合わせて「プレイジム」から「ボールジム」へと形を変えて長く使うことができます。

ベビージムに付いているミュージカルトイは20分以上自動演奏にすることができて、音楽が流れている間、ゾウの耳部分が可愛く光ります。

大きくなったらボールプールとして、プレイマットとして遊べる!

https://item.rakuten.co.jp/toysrus/581258501/

ベビージムとして遊ぶ時期が過ぎたら、今度はボールプールへと形を変えることができます。ボールバックが付いているので、遊び終わった後の収納もバッチリです!

下のマットは、四隅を広げることができるのでプレイマットにもなりますよ。ボールプールとしてだけでなく、形を変えながら成長とともに長く遊べておすすめです。

▼広げて、自分だけの遊びスペース♪

https://item.rakuten.co.jp/toysrus/581258501/

③INTEX (インテックス) ソフトサイドベビージム

https://item.rakuten.co.jp/cheersports/48474/

INTEX社から販売されている、空気で膨らませるタイプの幼児用トランポリンは、ボールを入れればボールプールとしても遊べちゃいます!

サイドはメッシュ素材なので、風通し良く熱がこもる心配ナシ。トランポリンとして飛んで跳ねると鈴の音がするのも楽しい♪室内で思いっきり体を動かして楽しめますね。

対象年齢は6ヶ月からなので、小さいうちはベビーサークルとして使用し、大きくなったら室内遊具にすることもできますね。

※対象年齢 6ヶ月~18ヶ月
必ずパパやママがそばにいてあげてくださいね。

④People(ピープル) 360°知育ベビードーム

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

限定アイテムが必ず入る『ミキハウス新春福袋』予約受付中