ひらがな・数字を楽しく学べるおすすめの絵本10選

目次 目次

② あっちゃんあがつくーたべものあいうえお(原案:みねよう 作:さいとうしのぶ)

あっちゃんあがつく―たべものあいうえお

https://www.amazon.co.jp/

ポップな絵と軽快なリズム、いろいろな食べ物で、楽しみながら「あいうえお」のお勉強ができます。
50音だけでなく濁音や半濁音まで網羅している内容の濃さなのに、気持ちのいいリズムでどんどん読みすすめられる一冊。
馴染みのある食べ物から、普段あまり食べたことのない食べ物まで、いろいろな食べ物についても学ぶことができますよ。
これをきっかけに好き嫌いもなくなるかも!?

③ あいうえおのえほん(作:よこたきよし 絵:いもとようこ)

あいうえおのえほん

https://www.amazon.co.jp/

大きなひらがな一文字と、その書き順まで載っている丁寧な絵本。
画数が多いひらがなでも、一緒に指でなぞってあげることで正しい書き順で覚えさせることができますよ。
いもとようこさんの絵もかわいらしいので、毎日でも読みたくなる一冊です。

④ ぐりとぐらのあいうえお(作:なかがわりえこ 絵:やまわきゆりこ)

ぐりとぐらのあいうえお

https://books.rakuten.co.jp/

大人気「ぐりとぐら」シリーズのひらがな絵本です。
一文字ずつ学ぶのではなく“あいうえお作文”形式になっているので、正しく50音順に覚えさせたいときに便利。
ストーリー仕立てになっていて最後にはクスっと笑えるオチも。
普段から「ぐりとぐら」シリーズを読み聞かせているご家庭では重宝する一冊になるでしょう。

⑤ あいうえおうさま(作:寺村輝夫 絵:和歌山 静子)

あいうえおうさま (理論社版新しい絵本)

https://www.amazon.co.jp/

ちょっと間抜けな王様が繰り広げる日常を、50音になぞらえて展開していく絵本。
リズムがいいので子どもも一緒に読みやすい一冊です。
王様の人柄と日常が分かるようなおもしろい内容なので、幅広い年齢層の子どもが楽しめますよ。
絵の中にはその50音と関係のある絵が隠されているので、親子でワイワイ楽しみながら読み進めてくださいね。

感性も高められる学習絵本で楽しく学ぼう!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

みんなのSDGs