踏切が好きな子どもにおすすめ!「踏切」がテーマの絵本 9選

目次 目次

踏切がテーマの絵本はどんな子におすすめ?

カンカンカンカン……と遮断機が下りて、これから電車が来るというワクワク感を与えてくれる踏切。
いつも踏切の近くを通ると、しばらくそこを動かなくなる子も多いのではないでしょうか。

そんな踏切や電車が好きな子にこそ、踏切をテーマにした絵本がおすすめです。
もしかしたら踏切はこんなことを思っているのかも、と、想像力も膨らませてくれます。

① ふみきりくん

https://books.rakuten.co.jp/rb/16033612

駅のそばにある、働き者の「ふみきりくん」。彼の、朝から夜までの1日を描いた絵本です。在来線から特急列車も登場し、臨場感たっぷりの絵が特徴となっています。

「ふみきりくん」をメインとして物語が続くので、踏切が大好きな子どもにはピッタリ。
いろいろな電車も登場し、丁寧に描かれた車体もたくさん登場するので、電車好きの子どもにもおすすめしたい作品です。

おすすめは2歳~です。

▼擬人化したふみきりくんがかわいい!

https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=5948

【商品詳細】
対象年齢:2歳から
文:えのもとえつこ
絵:鎌田歩
出版社:福音館書店
ページ数:24ページ
サイズ:22×21cm
価格:990円(税込)

② ふみきり かんかんくん

https://books.rakuten.co.jp/rb/15954471

月間幼児誌「げんき」に掲載された、踏切の「かんかんくん」と妹の「シャー」、そして「ダンキー」の3人きょうだいによるお話が絵本になりました。踏切を主人公としたお話が5話も入っているのが特徴です。

作者は「ルドルフとイッパイアッテナ」でおなじみの斉藤洋さん、そして「となりのせきのますだくん」シリーズでおなじみの武田美穂さんが絵を担当し、可愛らしいイラストで子どもの興味を引き付けます。

おすすめは1歳~です。

【商品詳細】
対象年齢:1歳から
文:斉藤洋
絵:武田美穂
出版社:講談社
ページ数:36ページ
サイズ:21×20cm
価格:1,320円(税込)

③ ふみきり かんかんくん きょうは なんの ひ?

https://books.rakuten.co.jp/rb/16421718/

月間幼児誌「げんき」から誕生した「ふみきり かんかんくん」のべつのお話が収録された絵本。
今日もふみきりのかんかんくんは、シャーとダンキーの2人の妹と電車が来るのを待っています。

この絵本には、「こどものひ」「なつまつり」「ハロウィーン」「おしょうがつ」をテーマにした4つのお話が入っていて、かんかんくんたちと身近なイベントを楽しむことができますよ。

【商品詳細】
対象年齢:1歳から
文:斉藤洋
絵:武田美穂
出版社:講談社
ページ数:32ページ
サイズ:21×20cm
価格:1,430円(税込)

④ ふみきりのかんたくん

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

Rakuten ABCmouse × おほしさまちゃんねる|ハピクラワールド

Rakuten ABCmouse × ひなゆめワールド|ハピクラワールド

学びの秋を応援!楽しく学べる楽習教室「ドラキッズ」

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える