【0歳からできる音育】心の安定と表現力を育てよう!おすすめリトミックおもちゃ8選

目次 目次

子どもは小さい頃から音楽を習わせると良いとはよく言いますが、どのように良いのか知っていますか?

注目される音育(リトミック)

音育ってなあに?

音育はリトミック(Rythmique)とも呼ばれ、20世紀にスイスの音楽教育家・作曲家のエミール・ジャック=ダルクローズ博士により提唱された音楽教育法です。生理学、児童心理学の観点から幼児の人格形成に大きな恩恵をもたらす教育法とされます。また、音育によって音楽的表現が身につくだけでなく、創造性、集中力、思考力、社会性や協調性などを身に付けることができ、大人よりも子どもの方がより大きな効果を得られます。

音育のやり方

音育には厳格なルールはありません。一番の基本は、子どもが音楽を楽しむこと。音楽を耳で聞いて、身体を動かしたり歌ったりして遊ぶことです。 音はできるかぎりその場で楽器により演奏されることが望ましいとされますが、まずは音と触れ合うことが大事なので、お家で用意できる範囲で大丈夫! お家で遊べる音育おもちゃを紹介します。

①ミッフィー0歳からの音育アルバム

音楽を楽しむには、まずはリラックスするところから。このアルバムは、だんだんとリズムがゆっくりになっていくように構成されており、次第にリラックス時の心音と同じくらいのリズムになります。モーツァルトのオーケストラや波の音や鳥のさえずり、雨の音、鈴の音など、様々な音に耳を傾け、身体をゆっくりと揺らすうちに眠くなってしまいます。激しくない、心穏やかになる音楽なので、生まれたばかりの赤ちゃんでも楽しむことができるでしょう。

Amazon.co.jp

②オーガニックサウンドの耳育キャノピー

0歳の赤ちゃんから楽しめる「オーガニックサウンドの耳育キャノピー」は、電子楽器不使用!テントの中にコロンと横になるだけで様々な音を楽しむことができます。自然音がたっぷりで赤ちゃんの聴覚を刺激します。水で丸洗いできるので、なんでも口に入れてしまったり、吐き戻しをしてしまったりが多いこの時期の赤ちゃんにもぴったり。

Amazon.co.jp

③赤ちゃんカスタネット

赤ちゃんの小さな手でも握りやすい形の「赤ちゃんカスタネット」は、初めての楽器おもちゃとしておすすめ。赤ちゃんの目にもよく見える赤色のカスタネットです。赤ちゃんが手に握って振るだけで、かぽん、かぽんと可愛い音がします。木でできているためこの時期の歯固めとしてもぴったりです。植物性塗料でなめても安心なのも助かるポイント。パパやママが絵本を読む時や歌を歌う時にこのカスタネットで音を鳴らしてあげるのもおすすめです。

Amazon.co.jp

④「ウクレレ子供用」