【ママ目線の映画評】『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』パワーアップして大人も大満足!

目次 目次

親目線の映画評

子どもと一緒に映画を観る際、軽いキスシーンならOKでも、濃厚なベッドシーンは子どもがいくつになろうとも気まずいもの。例えベッドシーンはなくとも、きわどいジョークが出てきたら、説明に困ります。
また一括りにアクションと言っても、血しぶきが飛んだり、首が刎ねられたりするシーンは、子どもと一緒には見たくないもの。悪質な暴言だって困ります。
R15+やPG-12、Gなど、子どもと一緒に映画を楽しむ際の指標はいくつかありますが、いったいどんなシーンがその根拠となったのでしょう。
子どもと観る際に、気になるポイントをチェックしてみましょう。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91XNkgbu1OL._SX450_.jpg

2回目の今回は、大ヒットしたアドベンチャー映画の続編!『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』をご紹介いたします。

『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』(2012)1時間34分 

前作から4年後。すっかりジューヌ・ヴェルヌの信者になったショーンが、義理の父ハンクとともに、同じくヴェルヌ信者で音信不通の祖父を探しに、パラオ近くの秘密の島へ!

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTY4ODE4MjUzM15BMl5BanBnXkFtZTcwNTExNTAyNw@@._V1_SY1000_CR0,0,1503,1000_AL_.jpg

今作ではショーン以外のキャストが一新!
ショーンと旅を共にする義父のハンクには、元プロレスラーで『ワイルド・スピード』シリーズでも知られるドウェイン・ジョンソン!そして初登場の祖父には、名優マイケル・ケイン。ヴァネッサ・ハジェンズとルイス・ガスマンがガイド役で登場します! 前作にも登場していたショーンの母も、しらっとキャストが変更されていて、海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のシャーロットで知られるクリスティン・デイヴィスが出演しています。

少しだけフクザツに

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjAxOTI3MzQxN15BMl5BanBnXkFtZTcwNDU3OTUyNw@@._V1_SY1000_CR0,0,1503,1000_AL_.jpg

前作から時が経ち、ショーンの母は再婚し、義父の仕事の都合で田舎町に引っ越したばかり。そんな現状に不満を抱き、義父に反抗するショーンが、ある日人工衛星施設へ侵入して、警察沙汰になったところから物語はスタート。
シンプルだった前作よりも、ストーリーに厚みが出て、大人はより楽しめます。ただその分、お子さんは導入部分が難しく感じるかもしれません。
でも、いざ旅に出てしまえばそんな心配はもう無用!一気に緊張と興奮の冒険の世界へ!

子どもの頃に夢見たワクワク盛沢山!

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjI0NTM5OTcwN15BMl5BanBnXkFtZTcwMzM3OTUyNw@@._V1_SX1777_CR0,0,1777,999_AL_.jpg

木の上につくられた自分だけの秘密基地ツリーハウス。誰しも一度は夢に見たことがあるのでは?本作には、大きくて機能が盛沢山のツリーハウスが登場します。大人も子どもも、胸がトキメクこと間違いなし。巨大なハチに乗ってチェイスするシーンも登場。童心がくすぐられることでしょう。

また、前作よりもコメディ色が強くなっているところも嬉しいポイント。ドウェイン・ジョンソン演じるハンクが、ショーンに女性の心を掴む方法を伝授するシーンは必見です!

レイティングは【G】

レイティングとは、子どもと一緒に観る際に指針となるもの。R指定など、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
本作の映倫によるレイティングは、【G】。視聴に年齢制限のない区分です。これは親としても安心。
でも、たとえヌードはなくても、きわどいジョークが出てきたら、一緒に観る身としては説明に困るというもの。念のために確認してみましょう。

セクシャルポイント

虚勢されたというセリフがあります。
女性のメインキャラクターが、ぴったりとしたタンクトップに、ショートパンツという服装で登場します。
キスシーンが登場します。

バイオレンスポイント

出血の伴うような暴力シーンは一切ありません。
巨大トカゲやムカデ、アリ、鳥などに追いかけられるシーンが登場します。

IMDbペアレンツガイド

俳優、映画、テレビ番組、テレビ・スターおよびビデオゲームに関する情報のオンラインデータベース、IMDbに掲載されているペアレントガイドでは、以下の評価になっています。(2020年5月14日現在)

【Sex&Nudity(セックス/ヌードシーン)】 None(なし)
【Violence & Gore(バイオレンス/流血シーン)】 None(なし)
【Profanity(冒涜的シーン)】 None(なし)
【Alcohol, Drugs & Smoking(アルコール/薬物/喫煙)】 None(なし)
【Frightening & Intense Scenes(恐怖シーン/激しいシーン)】 Miled(マイルド)

【セックス/ヌード】と【バイオレンス/流血】、【冒涜】(Fワードなど不適切な言葉遣いや、宗教的側面など)と【アルコール/薬物/喫煙】は、4段階中一番強度の低いNoneの評価。【恐怖シーン/激しいシーン】は下から2番目のMildと評価されています。これは先に記した通りです。
チェイスや巨大生物との格闘は登場するものの、対人の戦闘が登場しないのが、それぞれ評価の強度が低い所以と言えそうです。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNTY0OTY5NDkxNV5BMl5BanBnXkFtZTcwOTU3OTUyNw@@._V1_SY1000_CR0,0,1503,1000_AL_.jpg


一作目の興奮はそのままに、映像もストーリーもパワーアップしています。
アドベンチャー映画ながら、悪人が登場せず、戦闘シーンがないところも、子どもと一緒に観るには嬉しいポイント。
家族で観るのに、ぴったりな作品です。
ぜひ、ご家族で映画鑑賞の参考に。
(感じ方は人によって異なりますので、最終判断はご自身でお願いいたします)

『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』
監督:ブラッド・ペイトン
脚本:ブライアン・ガン、マーク・ガン
原案:リチャード・アウテン、ブライアン・ガン、マーク・ガン
原作:ジュール・ヴェルヌ『神秘の島』
出演:ドウェイン・ジョンソン、マイケル・ケイン、ジョシュ・ハッチャーソン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ルイス・ガスマン、クリスティン・デイヴィス

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

「おさつスイスイ!セルフでピピッ♪ アンパンマンレジスター」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ