【大人気国民的アニメ】『あたしンち』公式YouTubeチャンネル開設!

目次 目次

『あたしンち』

大雑把だけれども何事にも一生懸命な母と、無口でマイペースな父、そして夢見がちな高校生のみかんと、一見クールだけどナイーブなユズヒコの4人家族である「タチバナ家」の日常を描いた、けらえいこ原作のマンガ作品です。

思わず「クスっ」と笑ってしまうような日常生活の些細な話がテーマになっていて、誰しもが共感できる日本の家族の姿を楽しめる作品です。

タチバナ家のなかでも人気があるのは、個性的な母です。劇中で母が度々歌った「情熱の赤いバラ」は、視聴者も気付いたら鼻歌を歌ってしまうほど、多くの人に強い印象を与えました。

さらに母は作品の世界を飛び出して、2003年に経済産業省が主催したリデュース・リユース・リサイクル推進月間(3R推進月間)啓蒙キャンペーンのポスターに起用されました。

台湾では「あこがれの母親ランキング」(ネットトレンド分析サイト「DailyView 網路温度計」2014年調査)で4位に入るなど、国内外問わず高い知名度を誇っています。


『あたしンち』公式YouTubeチャンネル

過去のアニメ放送作品(2002~2009年『あたしンち』、2015~2016年『新あたしンち』)を配信していくほか、同チャンネル限定の「情熱の赤いバラ」まとめ集、アニメ名場面集など、多数のコンテンツを無料公開予定。ファンならずとも、必見の内容です!

「お宝映像を期待」原作者・けらえいこ氏がコメント

YouTubeの「あたしンちch」では、これまで配信のなかった、おまけやコラボ、特別映像などをUPしていただけるそうなので、すごく楽しみにしています。

"公式がそれ出すか!“みたいな、お宝映像を期待しています。みなさんも、YouTubeチャンネルのコメント欄などで、どんどんリクエストしてください!

けらえいこ(漫画家)

1962年、東京生まれ。1994年、⾃らの家族をモデルに⽇常⽣活をつづった『あたしンち』を読売新聞⽇曜版で連載開始、後にアニメ化・映画化もされた(※アニメは2002〜2009年。また2015〜2016年まで放送された)。

1996年『あたしンち』が第42回⽂春漫画賞を受賞。海外でも翻訳出版され、国内外問わず絶⼤な⼈気を誇る。

『あたしンち』は2012年に18年間に渡った連載を終了するが、2019年12⽉より、雑誌「AERA」にて7年ぶりに連載を再開。現在に⾄る。

『あたしンち』公式YouTubeチャンネル概要

配信スケジュール

2020年5月15日(金)から2021年3月までに約270話を公開予定
※初月は平日毎日18:00に2話ずつ公開、2カ月目以降は月・水・金に2話ずつ公開
※配信スケジュールは予告なく変更となる可能性があります
※公開期間はエピソード毎に異なります

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える

プレゼント

ご応募はこちら