【ネタバレ】親子で見たい!映画「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」の魅力を紹介!

目次 目次

あなたも魔法にかかる?映画「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」を紹介!

2017年製作の映画「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」はアメリカ・フロリダ州を舞台にした作品です。フロリダと言えば世界最大と言われるディズニーリゾート「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」がある地域です。本作はその近くにあるモーテルと呼ばれる宿泊施設に住んでいる貧困層の母と子の暮らしを描いています。タイトル名の「フロリダ・プロジェクト」は、ディズニーランドの開発中に付けられた名称になります。

まずは本作のあらすじをチェック!

本作はフロリダ州にあるモーテル「マジック・キャッスル」に住んでいる母・ヘイリーと6歳の女の子・ムーニーを主人公です。彼らはモーテルを住まいとしており、ヘイリーは同じ境遇の子やモーテルに泊まりに来た子たちと一緒に周囲に悪戯をしかけながら楽しい日々を送っていました。家すらもてない貧しい暮らしをしているため、大人たちから小銭をもらってアイスクリームを買い、飲食店から譲り受けた残り物で食事を済ませるような生活を送っています。そんなある日、ムーニーたちは火遊びが原因で空き家を全焼させる事件を起こしてしまいました。

しかし母のヘイリーはそれを知らず、無邪気に現場を見てはしゃいでいます。その一方で、ムーニーと遊んでいた友達のお母さんがムーニーたちが事件を起こしたことを知ってしまいます。家庭に問題ありと判断され、自分の子と引き離されるのを恐れ、ヘイリーに真実を伝えることなく関係を断ち切ってしまうのでした。理由もわからずに孤独になったヘイリーは、仕事が見つからず生活が苦しくなってきたことから、観光客に香水を売りつけようとします。ところが警察に見つかり、普段から素行の悪さに辟易していた管理人のボビーはこれを機にモーテルから追い出そうとします。

しかし周囲のモーテルはどこも宿泊費が高いこともあり、誰もムーニーたちを受け入れようとしません。ヘイリーは観光客へ売買取引ができなくなったことから、売春を始めてしまいます。何も知らないムーニーは、お風呂の中で楽しそうにお人形と遊ぶのでした。そんなある日、売春客のひとりがヘイリーの部屋に怒鳴り込んできます。彼は家族とディズニーランドへ行くために購入したチケットを盗まれたことに気づいて、取り返そうと戻ってきたのです。

管理人のボビーの手助けもあってその場を追い返すことに成功しますが、宿泊施設で売春していた事実が発覚してしまいます。その数日後、ムーニーたちのところに役人が訪れました。彼らはヘイリーの素行が教育に悪影響を及ぼすと判断し、ムーニーを引き取るためにたってきたのです。母親と引き離されることを嫌がったムーニーは、一緒に遊んでいた友達のジャンシーの元へ逃げ込みます。そして逃げられない現実と、お別れの挨拶をするムーニー。話を聞いたジャンシーは泣き止まないムーニーの手を引いて、走り出すのでした。

本編のキャスト陣を紹介!

本作の主人公である6歳の女の子・ムーニーは、日本でも2020年公開された「ザ・ターニング」などに出演しているブルックリン・プライスが務めています。恵まれない環境のなか、まっすぐに生きるムーニーを演じる姿に心を奪われてしまいます。その母親となるヘイリーは、ブリア・ヴィネイトが務めています。ブリア・ヴィネイトはこれが初主演作品となりますが、そのたぐいまれなる演技力が批評家に高い評価を得ました。

そしてムーニーたち親子が住んでいるモーテル「マジック・キャッスル」の管理人・ボビー・ヒックスは、2018年公開の「アクアマン」や「永遠の門 ゴッホの見た未来」では主演を務めたウィレム・デフォーが演じました。管理人としてムーニーたち親子を監視しながら、自身の息子との関係がうまくいかず四苦八苦している姿はこれまでの作品とまた違った演技を楽しむことができます。

ここがすごい!本作の魅力1「子供視点で描かれた社会問題」

本作は2007年から2009年にかけた起きた「サブプライム住宅ローン危機」と呼ばれる社会問題を取り上げています。リーマン・ショック規模の経済危機により、貧困に苦しむ人々を6歳と言う子どもの視点で描いている物語です。子どもだからこそ見える部分・見えない部分があり、異なる国の社会問題を学ぶという点においても親子で楽しめる作品としておすすめです。

ここがすごい!本作の魅力2「色彩豊かなシーン」

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

限定アイテムが必ず入る『ミキハウス新春福袋』予約受付中