金銭感覚を養える絵本&本20選💛我が子の幼児期にお金の勉強させてますか?!

目次 目次

7💛『お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編』

(学研の頭脳開発)
企画・原案:加藤信巳(知脳教育研究所)
企画・原案:入澤宣幸

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81NjitzH3EL.jpg

シリーズ累計25万部突破! 7歳までに「おかね」を教える注目のマネー教材です。「〇円ちょうど」「あわせていくら」「おつりはいくら」など、お金の種類からスタートして、段階的に学んでいけるようになっています。「おかねシール」や「おかねカード」を使って実践的にお金のやりとりを練習できるのもお子様に人気のきょうざいですよ。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81Zs9EeDzrL.jpg

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71UFjm5HHWL.jpg

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71h0QrkDesL.jpg

8💛『七田式・知力ドリル【5・6歳】おかね』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/518Kj-M9fGL.jpg

複数の硬貨を合わせた金額の数え方や、お金の計算方法を楽しく学びます。おもちゃのお札やらが着いているので、おかいものごっこであそんであげるのも楽しいですよ。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41QcLrXr4mL.jpg

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51XwJZgvrCL.jpg

9💛『お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう』

出版社:学研の頭脳開発
著, 監修:加藤信巳(知能教育研究所)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/912oXqYy6aL.jpg

こちらは先ほどご紹介した『お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい』と同じシリーズの『お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう』。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81NQc5rqLKL.jpg

電車に乗るにも切符を現金で買うこともせず、バスに乗るにも定期など、現金を使う機会が少なくなり、「おかね」の価値を学ぶ機会も少なくなりつつある現代。そんな状況の中で、幼児期の脳の発達に非常に実体験を通して学ぶことが大事だと分かる内容になっています。「おかねシール」「おかねカード」が着いているのでそれらを使って学べますよ。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71HMurXvVjL.jpg

10💛『なるほど!お金のはなし 』

著: マーティン・ジェンキンス
絵: きたむら さとし
訳: 吉井 一美
出版社: BL出版

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91QLG6SBL7L.jpg

きみの貯金箱にお金は入ってる?そのお金で何が買えるだろう。同じお金なのに、買えるものがふえたりへったりするんだよ。知ってた?そもそも、お金ってなんだろう。というコンセプトの絵本なので、こんな素朴な疑問を持った著者が本作の中で子どもたちにも分かりやすくお金の歴史や、成り立ちなどをわかりやすく書いてくれていますよ。、「(お金を)何よりもすばらしいと考える人もいれば、実に悪いものだと考える人もいる」とあとがきには書かれており、親である私たちにも普段気が付かないことを教えてくれます。

11💛『ありがとうのおかね (「おかね」ってなに? 「しごと」ってなに?)』

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント