子どもにおすすめの海外映画212選💗楽しみながら親子で見識を広げるために観たい人必見!【2020年版】

目次 目次

25💗『ハイスクール・ミュージカル』 シリーズ

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51J%2BcnP2ceL._AC_.jpg

ディズニー・チャンネルのオリジナル・ムービーとして放送して大ヒットした『ハイスクール・ミュージカル』。第58回プライムタイム・エミー賞では6部門にノミネートし、2部門で受賞しているミュージカル映画です。
いね。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91lsZNL+AQL._SX450_.jpg

高校生のトロイたちが恋に、歌に、進路に悩みながら成長していくストーリーなので、シリーズを順番に観ていくのがおすすめです!『ハイスクール・ミュージカル4』も製作される予定だそうですから、こちらも楽しみですね。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1KHmlqxTsL._SX450_.jpg

第1作目『ハイスクール・ミュージカル』(2006年)
第2作目『ハイスクール・ミュージカル2』(2007年)
第3作目『ハイスクール・ミュージカル3/ザ・ムービー』(2008年)
第4作目『シャーペイのファビュラス・アドベンチャー』(2011年)スピンオフ映画
第5作目『ハイスクール・ミュージカル4』(未定)

お子さまにミュージカル映画を見せたいなと思っている方には、まず最初のミュージカル映画としておすすめですよ。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTIzNDU5NDYwMF5BMl5BanBnXkFtZTYwNjU3Mzc3._V1_.jpg

26💗『ディセンダント』シリーズ

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1Vn8WGjzFL._SX450_.jpg

ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーの映画である『ディセンダント』シリーズ。ディズニー映画に登場するヴィラン(悪役)の子どもたちを主人公に描いたディズニー・チャンネルのオリジナルテレビ映画シリーズです。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A12lrtDne1L._SX450_.jpg

「眠れる森の美女」のマレフィセントの娘マル、「白雪姫」のイーヴィル・クイーンの娘イヴィ、「101匹わんちゃん」のクルエラの息子カルロス、「アラジン」のジャファーの息子ジェイが主人公として登場します。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91t2ey9Qq6L._SX450_.jpg

ヴィランズ以外の子どもたちは、オラドン王国に住んでいるのですが、オラドン王国に招かれたヴィランズの子どもたちが様々な困難に立ち向かってみんなで幸せになれる道を探していくストーリーです。

第1作目『ディセンダント』(2015年)
第2作目『ディセンダント2』(2017年)
第3作目『ディセンダント3』(2019年)

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BYWFmYjg2NDEtMTI5My00MTBlLTk2OTctOTNiYmJiMDg2ZTFjXkEyXkFqcGdeQXVyNzE0Njc3NzA@._V1_.jpg

「ディセンダント」について詳しく知りたい方は、下記サイトにまとめてありますのでご興味のある方はご覧になられてみてくださいね。

27💗『メリダとおそろしの森』(2012年)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51umzM-VcOL._AC_.jpg

ピクサー・アニメーション・スタジオ13本目の長編作である「メリダとおそろしの森」。スコットランドを舞台にして、自由を愛する王女メリダが、精霊に守られた神秘の森の奥で待ち受ける運命に向かい合って成長していく姿を描くファンタジーアドベンチャーです。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjI2MDIyMzA2MV5BMl5BanBnXkFtZTcwNzQ4MTc3Nw@@._V1_SY1000_CR0,0,1400,1000_AL_.jpg

王家の伝統に嫌気がさしていた王女メリダは、ある日、不思議な鬼火に導かれて森の奥深くに住む魔女に出会うことになります。メリダは魔女に「魔法で自分の運命を変えてほしい」と頼むのですが、古来より人間が森の魔法を使うことはタブーとされていました。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjE1MTM4MzY4NF5BMl5BanBnXkFtZTcwODU5NjkyNw@@._V1_SX1777_CR0,0,1777,839_AL_.jpg

しかし、魔女はメリダの願いを聞き入れ呪文を唱えてくれるのですが、タブーとされていただけあって、平和だった王国に恐ろしい呪いがかけられてしまうことになってしまいます。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNzg1NDkxMDI3N15BMl5BanBnXkFtZTcwMjk0MTI3Nw@@._V1_SX1777_CR0,0,1777,867_AL_.jpg

実はこの作品は、ピクサー史上初となる人間の女性を主人公にした作品なんですよ。第70回ゴールデン・グローブ賞でアニメーション作品賞を受賞し、第85回アカデミー賞では長編アニメーション賞を受賞した作品です。ヒューバート、ヘイミッシュ、ハリスといういたずら好きなメリダの小さな弟たちがある理由からクマに変身してしまうのですが、それが超可愛いですよ。

【作品基本情報】

《原題》Brave
《製作年》2012年製作
《製作国》アメリカ
《上映時間》94分
《配給》ディズニー

28💗『グリンチ』(2000年) /『グリンチ』 (2018年)

グリンチ (2000年)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91-0HI1ocaL._SX450_.jpg

1957年にドクター・スースが発表したアメリカの児童向け絵本『いじわるグリンチのクリスマス』が原作の『グリンチ』。2000年の映画『グリンチ』は、実写映画版でジム・キャリーが主演で特殊メイクはリック・ベイカーが担当しました。この作品は、アカデミー賞ではメイクアップ賞を受賞しています。

グリンチ(2018年)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81G1KOKPI5L._SX450_.jpg

2018年の映画『グリンチ』の方は、3Dアニメ映画になっていてグリンチの声をベネディクト・カンバーバッチが演じており、日本語吹き替えは大泉洋が担っています。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTY4MDU4NjQ3OV5BMl5BanBnXkFtZTYwNTI5MDA3._V1_.jpg

このストーリーは、嫌われ者の醜い緑色の怪物グリンチが、大嫌いなクリスマスの奇跡を通して改心する物語で、アメリカではサンタクロースに並んで“クリスマスの代名詞”とされる国民的キャラクターとされているんですよ。

まだ観たことがない方は、ぜひ1度ご覧になられてみてくださいね。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNjYwOTUzODgtYmZjYS00NWVjLTgyYjktYjQ3OTg3YjYwZTYwXkEyXkFqcGdeQXVyNTc5OTMwOTQ@._V1_.jpg

29💗『ベイブ』シリーズ

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!