子どもにおすすめの海外映画212選💗楽しみながら親子で見識を広げるために観たい人必見!【2020年版】

目次 目次

7💗『シャーロットのおくりもの』(2006年)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91L0VfKLOeL._SX450_.jpg

E・B・ホワイト著で、1952年に出版された児童文学作品。全世界4500万部のベストセラーとされ、書籍情報サイト大手のGoodreadsで『死ぬまでに読みたい100冊の本』にも選ばれている作品を原作として作られています。納屋に住む蜘蛛のシャーロットと、子豚のウィルバーの友情が描がかれています。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTM1ODcxMTE3Nl5BMl5BanBnXkFtZTcwOTQzNTcyMw@@._V1_SY1000_CR0,0,1503,1000_AL_.jpg

実はこの原作を元にした映画は、本作以外にもこれまで3回製作されています。
「シャーロットのおくりもの」(1973年)
「シャーロットのおくりもの ウィルバーの大ぼうけん」(2006年)
「シャーロットのおくりもの」 (2006年)

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTI3NDY0OTMwMl5BMl5BanBnXkFtZTcwMTA0NTcyMw@@._V1_SY1000_CR0,0,1250,1000_AL_.jpg

児童文学書としても人気があるので、本を読んでからこちらをご覧になるのもいいでしょうし、逆もありですよね。ベストセラー小説を映画化しただけあって、ハートウォーミングなファンタジーストーリーです。農場の娘ファーンに育てられた子ブタのウィルバーは、自分がいずれクリスマス用のハムとして食卓に乗る運命にあることを知ることに・・・。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTQwODUzMTExMl5BMl5BanBnXkFtZTcwMDI0NTcyMw@@._V1_SY1000_CR0,0,1250,1000_AL_.jpg

映画ファンならご存知であろう天才子役ダコタ・ファニングが主人公ファーンを演じ、ジュリア・ロバーツ、ロバート・レッドフォードなどの豪華声優陣も魅力の1つですよ。優しくてホッコリするお話をぜひ。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNTIxNjQ1NzMwNl5BMl5BanBnXkFtZTcwMjUzNTcyMw@@._V1_SY1000_CR0,0,1503,1000_AL_.jpg

【作品基本情報】

《原題》Charlotte's Web
《製作年》2006年製作
《製作国》アメリカ
《配給》UIP

8💗『トランスフォーマー』シリーズ

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BODE2OTM4MTUxMV5BMl5BanBnXkFtZTcwNTg3NTIyMw@@._V1_SX1777_CR0,0,1777,744_AL_.jpg

1980年代にアメリカでヒットしたアニメーション作品シリーズの実写化であるSFアクション超大作「トランスフォーマー」シリーズ。人気実力派俳優シャイア・ラブーフ演じる主人公の高校生サムが、命を吹き込まれトランスフォーマーとなった中古車手に入れたことから、人間と金属生命体との激闘を繰り広げていくというストーリー。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BOTZiZTgwYzEtODhkOC00Y2RjLWI5MWEtOWVmN2FlMjU2MWJhL2ltYWdlL2ltYWdlXkEyXkFqcGdeQXVyNDQxOTcxOTg@._V1_.jpg

実は日本で生まれ、アメリカで爆発的なヒットとなって人気シリーズとして愛されている映画「トランスフォーマー」シリーズなんですよ。

第1作目『トランスフォーマー』(2007年)
第2作目『トランスフォーマー/リベンジ』(2009年)
第3作目『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(2011年)
第4作目『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014年)
第5作目『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017年)
この後に先ほどご紹介した『バンブルビー』(2018年)がスピンオフとして登場します。

とにかく車がロボットに変身する時、ワクワクドキドキしちゃいます。ストーリーはともかく、このロボットに変身する姿は、大人も楽しめる作品ですよ。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTQyMDUzNDY4NF5BMl5BanBnXkFtZTcwMDE5MzAyOQ@@._V1_.jpg

9💗『シャーロック・ホームズ』 (2010年)

https://warnerbros.co.jp/img/title/info/art/path/2885/dlry26283_j1.jpg

19世紀後半に活躍したイギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイル原作の推理小説の主人公であるシャーロック・ホームズ。世界中のクリエイターを魅了し、最も多く映画化された主人公ともいわれています。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNjQ3MjFhYWMtOGQ0My00Y2IzLWJmNTAtYzhmNDQ5M2NhODYzXkEyXkFqcGdeQXVyNzk5MTY4MTU@._V1_.jpg

アーサー・コナン・ドイルが生んだ名探偵シャーロック・ホームズのキャラクターにインスピレーションを受けたオリジナルストーリーを、「スナッチ」のガイ・リッチー監督が映画化した本作。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZDRmNTJkYTAtYTQzOC00NGRlLThmZjItM2U1MzUzYjc0NTQ2XkEyXkFqcGdeQXVyNzk5MTY4MTU@._V1_.jpg

19世紀末のロンドン。ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr.)と医師ワトソン(ジュード・ロウ)の2人は、怪しい黒魔術の儀式を行い、若い女性を次々と殺害するブラックウッド卿を逮捕すのですが、処刑されたはずのブラックウッドが蘇り、再び殺人事件が発生することに……。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTM2OTE3ODIxMF5BMl5BanBnXkFtZTcwODIwMjUwMw@@._V1_SY1000_CR0,0,1505,1000_AL_.jpg

これまでに何度も映画や海外ドラマなどに使われてきた題材にもなっている本作。このロバート・ダウニー・Jr.(『アイアンマン』) & ジュード・ロウ最強コンビ × ガイ・リッチー監督が贈る、アクションエンターテイメント超大作は推理小説などが好きな子にはおススメです。

【作品基本情報】

《原題》Sherlock Holmes
《製作年》2009年製作
《製作国》アメリカ
《上映時間》129分
《配給》Uワーナー・ブラザース映画

10💗『 6才のボクが、大人になるまで。』(2014年)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/B1-AhVDe7lS._SX450_.jpg

「ビフォア・ミッドナイト」のリチャード・リンクレイター監督が、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、実際に12年をかけて撮影したストーリーになっている本作。12年という長い歳月をまるでその子の人生を全部観ているような感覚になるこの手法は凄いですよ。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BODFhYzBlZWMtYzdlMi00ZDc5LWJiMGMtN2U5M2JmMWZlNGNlXkEyXkFqcGdeQXVyNTIzOTk5ODM@._V1_SY1000_CR0,0,699,1000_AL_.jpg

主人公の少年メイソンを演じるエラー・コルトレーンをはじめとして、母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターの4人の俳優が、12年間同じ役を演じ続けて完成した映画と聞いただけで凄いと思いませんか。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMzc4MjczNjItZWJmOS00OTk1LTk1ODMtZDUzZDAxNDBlNWFiXkEyXkFqcGdeQXVyMTA1NTM1NDI2._V1_SY1000_SX805_AL_.jpg

第87回アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞ほか計6部門でノミネートされ、母親役のパトリシア・アークエットが助演女優賞を受賞しています。アラスカから戻って来た父との再会、母の再婚、義父の暴力、初恋などを経験して、大人の階段を登っていくメイソンが大人になって将来の夢を見つけていく様子まで描かれています。

2時間40分という長編の映画ですが、まるでドキュメンタリーのようにも感じ・・・どの国も子どもが幸せになって欲しいと願う気持ちは同じで・・・。ご自身のお子様が成長するのをゆっくり大人の階段を登ってと言いたくなるような映画です。どちらかというと高学年のお子様と親御さん一緒に観て欲しい作品です。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMDViNzdiNzQtMGQ1OC00ZDc0LWI5MDctODYwYzMxMDJjMmQyXkEyXkFqcGdeQXVyOTc5MDI5NjE@._V1_.jpg

【作品基本情報】

《原題》Boyhood
《製作年》2014年製作
《製作国》アメリカ
《上映時間》165分
《配給》東宝東和・PG12

11💗『ファンタスティック・ビースト』シリーズ

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!