子どもにおすすめの海外映画212選💗楽しみながら親子で見識を広げるために観たい人必見!【2020年版】

目次 目次

36💗『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51k59uTJZoL._AC_.jpg

ピクサー・アニメーション・スタジオが製作した2009年公開のアニメ映画で、ピクサー初のディズニーデジタル3-D版も同時公開された作品です。アニメ映画としては初の第62回カンヌ国際映画祭のオープニング作品となった『カールじいさんの空飛ぶ家』。

https://www.disney.co.jp/content/dam/disney/images/studio/bd_ondemand/hero/1015_up.jpg

第67回ゴールデングローブ賞アニメ映画賞・作曲賞受賞作品となり、第82回アカデミー賞にて、アニメーション映画としては1991年の『美女と野獣』以来史上2度目となる作品賞ノミネートを果たしています。

亡き妻エリーとの思い出が詰まった家にひとり静かに暮らしている78歳のカールじいさんが、周囲の再開発でその生活が失われそうになっていたある日。エリーの夢だった南米奥地の秘境を目指すために人生最後の大冒険に出ることを決意。大切な家に沢山の風船をつけて大空へと飛び立っていくことに・・・。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjIxOTI4NzkyOV5BMl5BanBnXkFtZTcwNzQ5OTIzMw@@._V1_SX1292_CR0,0,1292,999_AL_.jpg

観終わったあとは心がほっこりしますよ。ディズニー好きが大好きな他作品のキャラクターが隠れミッキーのごとく出てくるので、それを探すのも楽しいですよ。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjE4MDQyNDczN15BMl5BanBnXkFtZTcwOTY5OTIzMw@@._V1_SX1777_CR0,0,1777,990_AL_.jpg

【作品基本情報】

《原題》Up
《製作年》2009年製作
《製作国》アメリカ
《上映時間》103分
《配給》ディズニー

37💗『ベートーベン』シリーズ

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81p8q3q%2BZWL._AC_SL1500_.jpg

1992年に公開されたワンコが主人公のコメデイ映画です。平凡な一家であるニュートン家にペット泥棒の元から逃げ出した1匹のセント・バーナードの子犬がやってきました。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BOTQyNjkwODgtMWZlNy00ZTRkLWEwMzUtYWY4ZTY2ZWY5NGU4XkEyXkFqcGdeQXVyNjU3OTE5MDM@._V1_.jpg

エミリーを始めとした子どもたちは、犬が家族になると大喜び。しかし、彼らの父親であるジョージ・ニュートンは大の犬嫌い。子どもたちに懇願されて、本当の飼い主が見つかるまでを条件にして渋々そのワンコを飼うことを認めました。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNTJkMDQxOGUtM2VlYS00YTMxLTkwZWMtNjhjNDFjNGI0ZDJhXkEyXkFqcGdeQXVyOTc5MDI5NjE@._V1_SX1777_CR0,0,1777,962_AL_.jpg

ベートーベンの「運命」に反応したことから「ベートーベン」と名付けられたこの犬は、ニュートン家で大きく成長していきます。大型犬のベートーベンはかなり大きく成長し、衣類や家具を壊しまくってイタズラしまくるのですが・・・。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTgyNjk4NDM4N15BMl5BanBnXkFtZTcwMTA4NDgwMw@@._V1_SY1000_SX1600_AL_.jpg

第1作目『ベートーベン』(1992年)
第2作目『ベートーベン2』(1993年)
第3作目『ベートーベン3』(2000年)
第4作目『ベートーベン』(2001年)
第5作目『ベートーベン』(2003年)
第6作目『Beethoven's Big Break』(2008年)
第7作目『Beethoven's Christmas Adventure』(2011年)
第8作目『ベートーベン 大海賊の秘宝』(2014年)

現在までに8作品製作されているこの作品ですが、6作目と7作目は日本では観られないようですね。犬好きなら必見です。ワンコを飼っている方であればあるあるが沢山。キャストは変わっていくのですが、この『ベートーベン』シリーズは犬好きにはぜひ観て欲しいストーリーです。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91NCHNji3SL._AC_SL1500_.jpg

外部リンク

38💗『リロ&スティッチ』シリーズ

https://dssintlsas.akamaized.net/artwork/Lilo_And_Stitch_JPN_Keyart_Hero_L316_HD_1920x608-5c4236ee2ea7f279674db221.png?location=product&impolicy=device_4

遠く離れた惑星で遺伝子実験によって作られたスティッチが地球に不時着。スティッチは不時着したハワイで大混乱を巻き起こすのですが、この暴れん坊のエイリアンは、リロという名の孤独を抱えた1人の少女に“子犬”として飼われることになります。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ThU0tU4mL._AC_SL1000_.jpg

リロとスティッチは共に誠実さや友情、優しさや労わりなどを学び、次第に彼らは「オハナ」(ハワイ語で家族を意味する言葉)という絆で結ばれていくことに・・・。

https://www.disney.co.jp/content/dam/disney/characters/disney_d_pixar/lilo_and_stitch/0022_lilo_main.jpg

『スティッチ!ザ・ムービー』の後に作られた、1本30分のテレビ番組用シリーズ「リロ アンド スティッチ ザ・シリーズ」は、全部で64話あります。

https://www.disney.co.jp/content/dam/disney/tv/xd/program/anime/liloandstitch/liloandstitch_L.jpg

リロと暮らすスティッチは、ジャンバ博士の626番目の試作品。スティッチのずっと前に作られた625個の試作品エイリアンたちがひとつ、またひとつと凶暴なエイリアンとなってハワイの街で大暴れ!果たしてリロとスティッチは、‘凶暴’エイリアンのイタズラを食い止め、彼らを‘良い子’のエイリアンに戻すことができるのか・・・。

★『リロ・アンド・スティッチ』(2002)
★『リロ・アンド・スティッチ 2』(2005)

◎『スティッチ!ザ・ムービー』(2003)
◎『リロ・アンド・スティッチ ザ・シリーズ』(2003~2006)
◎『リロイ・アンド・スティッチ』(2006)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Exh%2Bg1M4L._AC_.jpg

公開された順番は違いますが、★印は続編になっており、◎印はいわゆるスピンオフ的なストーリーになっています。そしてこの他にもシリーズのものがありますので、そちらはお好きな順番でご覧になられるのもいいと思いますよ。

39💗実写版『シンデレラ』(2015年)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81vl97kcwIL.jpg

ディズニーのクラシック・アニメーションの名作としても知られる「シンデレラ」を、ディズニーが新たに実写映画化した作品になっています。母を病気で亡くし、父を突然の事故で失ってしまった主人公エラ。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNDE0NzI5OTYxOF5BMl5BanBnXkFtZTgwMTk2MTA2NDE@._V1_.jpg

父は亡くなる前に再婚しており、エラは父の後妻である継母とその連れ子のドリゼラとアナスタシアに「灰まみれのエラ」を意味する「シンデレラ」と呼ばれ、召使いのように扱われていました。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNzIwNDk4NzkzMV5BMl5BanBnXkFtZTgwODk2MTA2NDE@._V1_.jpg

そんなある日、あまりの仕打ちに耐えきれなくなったエラは家を飛び出し森の中でお城で働いているという青年キットと出会い、心を通わせます。そこから、再びエラが辛い目にあうことに・・・・。しかし、幼い頃に信じていたフェアリーゴッドマザーが現れ・・・。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjM0MjYyNDExMF5BMl5BanBnXkFtZTgwNDc2MTA2NDE@._V1_.jpg

絵本や本でお馴染みの「シンデレラ」。東京デイズニーランドにもシンデレラ城のフェアリーテイル・ホールなどがあるので、ランドのファンにはお馴染みなストーリーですよね。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTg1NzgxNTMwNl5BMl5BanBnXkFtZTgwNTc2MTA2NDE@._V1_.jpg

イギリス出身の新星リリー・ジェームズがシンデレラ役を演じ、意地悪な継母をオスカー女優のケイト・ブランシェットが演じています。シンデレラの水色のドレスは、この映画が上映されると同時にドレス業界で同じようなドレスが結婚式で人気となりましたね。子育て中のママにとってはウエストの細さにビックリですよ。(え?私だけ・・・)

【作品基本情報】

《原題》Cinderella
《製作年》2015年製作
《製作国》アメリカ
《上映時間》105分
《配給》ディズニー

40💗『ANNIE/アニー』(2014年)

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!