【まるで魔法】アナ雪2も楽しめるスマートスピーカーの絵本読み聞かせ機能

目次 目次

大人から子どもに読み聞かせてあげる絵本ですが、スマートスピーカーにも便利な読み聞かせ機能があるのを知っていますか?音声による読み聞かせは、子どもの想像力を育む優れた知育の時間です。「アナと雪の女王」の読み聞かせや、様々な種類の中から選んで読んでくれるもの、大人が離れている時も自分の声で子どもに読み聞かせてあげられるものなど、色んな種類があります。 子どもへのプレゼントにもぴったりなスマートスピーカーの絵本読み聞かせ機能を紹介します。

Google Home Mini「アナと雪の女王」

ディズニーゴールド絵本「アナと雪の女王」

講談社プレスリリースより

世界的大ヒットとなった映画「アナと雪の女王」の続編、「アナと雪の女王2」が11月22日に公開になりました。公開する前から注目が集まっていましたが、公開するなり多くの人が殺到。12月1日までに興行収入43億582万円、観客動員数338万人を超える大ヒットを記録しています。ディズニー映画、ピクサー映画を合わせても史上最短のスピードでの興行収入40億円達成となり、素晴らしい映画であることがうかがえます。その「アナと雪の女王2」の公開を記念して、Googleは「Google Home Mini」と講談社のディズニーゴールド絵本「アナと雪の女王」のセットを特別パッケージ版として発売しました。「OK Google,アナ雪の絵本を読んで!」とお願いすればGoogle Home Miniそれぞれのキャラクターの声で読み聞かせてくれます。ゴールド絵本「アナと雪の女王」を開きながら聞けば、絵本の読み聞かせとして楽しめます。12月下旬にはディズニーゴールド絵本「アナと雪の女王2」も発売予定です。絵本読み聞かせ機能は「Google Nest Mini」や「Google Nest Hub Max」でも利用できます。

Googleの読み聞かせ機能は「アナと雪の女王2」のサイドストーリーを複数搭載しているので、映画を見た後も新しい楽しみがあります。映画館で新作映画を楽しんだ後、お家でGoogle Home Miniの読み聞かせを試してみるのはいかがでしょうか。

Amazonアレクサ「ピーボ」

Amazon.co.jp

Amazonアレクサの音声絵本読み聞かせ機能「ピーボ」は、360冊以上の絵本を無料で読み聞かせてくれます。子どもの年齢やキーワードで検索すると、良質なオリジナル絵本や名作昔話の中から絵本を選んで読み聞かせることが可能です。

まずは「アレクサ、ピーボを開いて」。
何か絵本を読んでほしい場合は「アレクサ、ピーボで何か読んで」
絵本を選びたい場合は「アレクサ、ピーボで何があるの?」
キーワードで検索したい場合は「アレクサ、ピーボで●●で探して!」
年齢でおすすめしてほしい場合は「アレクサ、ビーボで●歳」

すると、アレクサが絵本を音声で読み聞かせてくれます。
止めたいときは「アレクサ、ストップ」

このピーボ、なんといっても日本の昔話からアンデルセン童話やグリム童話、英語の絵本など様々な絵本を無料で楽しめるのが魅力です。朗読するのは少し恥ずかしいこともありますが、ピーボならプロ声優が読み聞かせてくれるので感情や情景がダイレクトに伝わってきます。
じっと聞いて想像するので、子どもの想像力を育む知育ツールとして最適です。
また、夜寝る前、ぐずって寝ない時、電車や飛行機移動の時などの読み聞かせにもおすすめ。

ピーボのスマホ向けアプリもあるので、スマートスピーカーを持っていない人もまずは試してみては?

pibo.jp

Google「My Storytime」

働く女性が増え、グローバル化が進んだ今、パパやママが出張などで子どもの側にいてあげられない日もあるかもしれません。でも、そんな時も大丈夫。Googleが11月21日に「My Storytime」という新サービスを発表しました。My Storytimeは離れて過ごす親子の心の距離を縮めるために作られています。まず、パパやママが自分の声で物語を読み、録音します。その録音した音声データファイルをMy Storytime上にアップすると、子どもはGoogleアシスタントを利用して、話しかけるだけで親の声を聞くことができます。

mystorytime.com

アメリカ軍で働く父親が長期派遣で不在にする間、子どもが会えなくて寂しい思いをするのを少しでも解決したいという想いから始まったこのサービス。 消防士や看護師など夜勤のある仕事に就く親や、単身赴任や出張で距離・時差のある場所に暮らす親でも、子どもが望む時にいつでも読み聞かせや音声メッセージを聞かせてあげることができます。

子どもは「Hey Google, talk to My Storytime」とスマートスピーカーに話しかけるだけでOK。子どもが大好きな物語を、パパやママの声でいつでも聞かせてあげられます。実際に会って抱きしめてあげながら読み聞かせる時間には敵わないかもしれません。それでも、愛情に満ちた親の声は、子どもを大切に想う気持ちをきっと伝えてくれるはずです。