【みんな大好き】『トイ・ストーリー』オスカー受賞の人気シリーズを全作紹介

目次 目次

『トイ・ストーリー』 (1995)

https://www.disney.co.jp/content/disney/jp/deluxe/blog/maximum-guide/toystory/_jcr_content/par/navi_vertical_child/navi_vertical_child_par/image_only_520412156/image.img.jpg/1582172496315.jpg

『トイ・ストーリー』シリーズの記念すべき第一作は、劇場用長編映画として世界で初めてフルCGで制作されたアニメーション作品。
それだけに、今観てみるとちょっとアナログな感じも否めない。でも、そんなことが気にならなくなる位、魅力的でスリル満点なストーリー。

アカデミー賞脚本賞、オリジナル主題歌賞、そして作曲賞(コメディ部門)にノミネート。監督をしたジョン・ラセターには、制作チーム統括の業績を称えてアカデミー特別業績賞が授与されました。

破壊少年に囚われる!

ちょっとレトロなカウボーイ人形のウッディは、おもちゃたちのリーダーでアンディの一番のお気に入り。
ところが!アンディのお誕生日に、最新トイのスペースレンジャー、バズがやってきて、ウッディのトップの座がピンチに!
張り合う二人でしたが、アクシデントで、おもちゃの破壊が趣味の少年シドの家に囚われてしまいます。
二人は無事、おもちゃの仲間のいるアンディの元に戻ることができるのか!

おもちゃの目線で描かれるシドの悪行は、ホラー顔負けの身震いしてしまう恐ろしい描写。スリリングです。
また、アンディに妹が生まれてお兄ちゃんになったばかりというシチュエーションや、引っ越し直前という設定は、メインストーリーとは関係ないものの、アンディとママに想いを寄せて、胸がちくっとします。

『トイ・ストーリー2 』(1999)

https://www.disney.co.jp/content/disney/jp/deluxe/blog/maximum-guide/toystory2/_jcr_content/par/navi_vertical_child/navi_vertical_child_par/image_only_520412156/image.img.jpg/1582179288878.jpg

ずっかり親友同士になったウッディとバズ。おもちゃたちの冒険の世界が、ますます広がります。
アニメーションの精度が、たった4年でびっくりするほど向上しているところも注目です。

ゴールデングローブ賞では、実写映画を抑えて作品賞(コメディ・ミュージカル部門)を受賞!
アカデミー賞にも、作曲賞でノミネートされました。

ウッディ誘拐事件発生!

アンディと一緒にカウボーイキャンプに出掛ける予定だったウッディは、直前に腕がほつれてしまい、留守番することに。
置いてきぼりを食ってしょんぼりしているウッディでしたが、ひょんなことからガレージセールに紛れ込み、おもちゃ業者に連れ去られてしまいます!
バズとおもちゃの仲間たちは、ウッディが日本のコレクターに売り飛ばされてしまう前に、無事救い出すことが出来るのか!?

腕のほつれで、自分の劣化を自覚したウッディ。コレクターの元で暮らすことがおもちゃとしての幸せなのか…と苦悩する姿には考えさせられます。

『トイ・ストーリー3』(2010)

https://www.disney.co.jp/content/disney/jp/studio/news/20200411_01/_jcr_content/par/navi_vertical_child/navi_vertical_child_par/rss_article/mainImage2.img.jpg/1587098025846.jpg

3作目にして、シリーズ最大のヒット作。アカデミー賞にて、長編アニメーション賞と主題歌賞を受賞しました。

前作から継続される「子供はいずれ大人になり、おもちゃから去っていく」というテーマは、時の移ろいを知っている大人こそ堪能できるストーリー。大人の皆さん、ラストは涙必至です。
当初、本作がシリーズ最終作となる予定でしたが、大ヒットにより20分程度のテレビアニメが制作されています。そちらも要チェック。
おもちゃに、我らがトトロが出てくるところも必見です!

アンディが大学生に!

小さかったアンディも17歳になり、大学入学のため、家を出ることに。
最近は、アンディと昔のように遊ぶことがなくなっていたおもちゃたちでしたが、身の振り方を考えさせられるときがついにやってきました。

ウッディは、晴れてアンディと一緒に大学に行くことになったものの、他のおもちゃたちはゴミ袋にひとまとめにされ、屋根裏部屋行きに。これを、ごみに出されると勘違いしたおもちゃたちは、保育園に寄付される道を選びます。
勘違いだと説得を試みるウッディでしたが、バズたちは耳を貸しません。

ところが保育園は、実は独裁クマの支配する危険なところだったのです。
ウッディは無事、おもちゃたちを救いだすことが出来るのか。そして彼らの将来は…!?

『トイ・ストーリー4』(2019)

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZjRiNDFiNTItMDExYi00NTcwLWI4OWItNzdhNGY5YTM1YzJiXkEyXkFqcGdeQXVyMTA3MzQ4MTcw._V1_SY1000_CR0,0,706,1000_AL_.jpg

前作から9年。ついに続編にして完結編となる『トイ・ストーリー4』が公開されました。

全作のエンディングが完璧だっただけに日本では賛否両論評価が分かれたものの、映画の大手評価集積サイトRottenTomatoesでは、批評家からの評価97%、一般人からの評価94%と、高評価を獲得。アカデミー賞⻑編アニメーション賞受賞を受賞しました!
バイクに跨るスタントマン人形デューク・カブーンやモフモフのダッキー&バニーなど、新しいキャラクターもとっても魅力的!

未知なる世界へ!

新たな持ち主ボニーの家で暮らすウッディとバズたち。
今や、持ち主の一番のお気に入りじゃなくなったウッディですが、おもちゃの仲間に、ボニーの手作りおもちゃのフォーキーが加わります。
しかし、フォークでボニーが作ったフォーキーは、ボニーの一番のお気に入りにも関わらず、自分のことをゴミだと思い込んで逃げ出してしまします!

ボニーの大事なお気に入りを探せ!とウッディは冒険の旅に出ますが、そこで出会ったのは、『トイ・ストーリー2』以降よそへ譲られていた羊飼い人形のボーや、アンティークショップの個性豊かなおもちゃたち。
ウッディが今度の冒険で知った新たな世界とは…。

ホラー顔負けの恐ろしいシーンは、本作でも健在! スリル満点です。

関連作品

映画4作品のほかにも、先に記したとおり、関連作品が沢山作られています!
まだまだ観たりない!もっと観たい!という方はぜひチェックを!

『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!