ディズニーアニメ映画の歴代興行収入ランキング TOP20

目次 目次

*日本では1999年まで配給収入の発表で、興行収入に切り替わったのは2000年からとなるため、それ以前の作品については推定値となります。

関連記事

第20位 わんわん物語(1955年):9.8億円

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNDc4MDc0NTY1Nl5BMl5BanBnXkFtZTgwMDQzOTEwMjE@._V1_FMjpg_UX1280_.jpg

血統書付きで大事に飼われているレディと、雑種のトランプという不釣り合いに思える2匹の出会いと恋愛を描くラブストーリー。

それまでの「白雪姫」や「ピノキオ」といった童話を原作とした作品と異なり、オリジナルストーリーで書き下ろされた作品です。
原案が作成されたのは1937年ですが、そこからなんと15年以上の歳月を経て映像化されました。

スパゲッティを食べてキスをするシーンは何度観てもほっこりしますね。

平均レーティング 3.74

第19位 アトランティス 失われた帝国(2001年):12.8億円

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTk0Njg2NDA1Ml5BMl5BanBnXkFtZTcwMjk0ODAyNw@@._V1_FMjpg_UX1024_.jpg

地図製作者の青年マイロが、亡き祖父の遺志を継いで伝説の大陸"アトランティス"を求めて壮大な冒険の旅に出る姿を描くアドベンチャー。
ウォルト・ディズニー生誕100周年を記念して製作された作品です。

残念ながらレビューの点数は厳しい評価となっています。

平均レーティング 3.29

第18位 ブラザー・ベア(2003年):16億円

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTc2MjMxNzA5MF5BMl5BanBnXkFtZTcwNjA4ODAyNw@@._V1_FMjpg_UX1024_.jpg

ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊との心温まる交流を描いた冒険ファンタジー。
大自然を舞台に、すべての生命のすばらしさを描く感動のストーリーです。

作品中の楽曲はフィル・コリンズ、ティナ・ターナーが手がけています。

平均レーティング 3.72

第17位 ボルト(2008年):16.5億円

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjA3NzY4MjYzM15BMl5BanBnXkFtZTcwMzA5MjUzMw@@._V1_FMjpg_UX1024_.jpg

ハリウッドの撮影スタジオで育ち、テレビの設定を現実と信じ込んでいるスター犬・ボルトが飼い主の少女を助けようと大騒動を巻き起こす。

ボルトの声を務めるのはジョン・トラボルタ。
「WALL・E ウォーリー」のジョン・ラセターが製作総指揮をつとめています。

平均レーティング 3.71

第16位 ノートルダムの鐘(1996年):21.8億円

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える