#おうち時間はドラえもん!家で楽しく過ごせる特設ページを開設!

目次 目次

#おうち時間はドラえもん!

ゴールデンウィークの行楽シーズンに、おうちで過ごすことの推進として、藤子プロと藤子・F・不二雄ミュージアムは、ドラえもんが「STAY HOME」プロジェクトと題した新たなキャンペーンをスタートしています。
ゴールデンウィークに家で過ごす期間をより楽しむ時間に変えるためのプロジェクトとして、2020年4月29日の朝日新聞にドラえもんからのメッセージが掲載されました。

今回のキャンペーンの一環として、チャスティンドラえもんの公式サイトでは、今回のキャンペーンだけの特別な壁紙をダウンロードすることができ、この自粛期間中を乗り越えるための特設サイトがオープン中。

ドラえもんからのメッセージ

https://dora-world.com/contents/1411

朝日新聞に掲載されたドラえもんからのメッセージは、以下の通り。

きみがおうちにいてくれたから。ちゃんと手を洗ってくれたから。
家族を想ってくれたから。ともだちと支え合ってくれたから。
やさしい気持ちでいてくれたから。病気の人を助けてくれたから。
みんなのために働いてくれたから。未来をあきらめないでいてくれたから。

この自粛期間を乗り越えるべく、未来からきたドラえもんらしいメッセージとなっています。
このメッセージは新聞掲載とともに、SNSでも発信されました。
言語は日本語だけではなく、英語、中国語バージョンもあり、それぞれの国のSNSで世界に向けて発信されています。

STAY HOME ドラえもんと一緒に

ドラえもんの公式サイトである「ドラえもんチャンネル」では、「STAY HOME」の特設サイトも開設。
おうち時間が長くなってもドラえもんと一緒に過ごせる様にと、様々なコンテンツが用意されています。
その全てのコンテンツを紹介していきます。

マンガ&読みもの

マンガなど読みものでは、映画用に作画された原作版となる「大長編ドラえもん」が5タイトル順次公開で期間限定の無料公開されています。
第1弾となるのは「大長編ドラえもん のび太の魔界大冒険」。
2020年5月14日の午前10時まで、無料公開されています。
発刊された当時のまま、電子コミック化されているので、漫画で読んだことがない人などには大変おすすめです。
少し古く、時代を感じる絵柄というのも今では貴重かもしれません。

さらには、てんコミ探偵団と題して、コミックス版のドラえもんから、過去のひみつ道具に関する特集がテーマごとに組まれていたり、充実したコンテンツを提供中。

ゲーム

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!