【全22作品】ピクサー映画の歴代興行収入ランキング

目次 目次

*日本では1999年まで配給収入の発表で、興行収入に切り替わったのは2000年からとなるため、それ以前の作品については推定値となります。

関連記事

第22位(暫定) 2分の1の魔法(2020年)

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZjk3YWRkOTMtYmNmYS00NTU0LWIxYzQtYWM1Y2ZhMmI1OTc1XkEyXkFqcGdeQXVyNzI1NzMxNzM@._V1_FMjpg_UX1280_.jpg

ピクサー製作の長編アニメーション最新作。
科学の発展によって魔法が失われつつある異世界を舞台に、亡くなった父親をよみがえらそうとする兄弟の冒険を描く。

監督は「モンスターズ・ユニバーシティ」のダン・スキャンロン。
声の出演にトム・ホランド、クリス・プラットら。

*2020年11月現在、本作はまだ上映中のため興行収入が確定していません。ちなみに初週末興行収入は約1億6300万円となっています。

平均レーティング 3.78

第21位 メリダとおそろしの森(2012年):9.5億円

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTkyODIxMTQ4OV5BMl5BanBnXkFtZTcwODY0MTI3Nw@@._V1_FMjpg_UX1024_.jpg

スコットランドの森を舞台に、自分のわがままで呪いにかけられてしまった王国を救おうとする王女の活躍を描くファンタジーアニメ。

意外に思いますが、ディズニー/ピクサー作品としては初めて女性キャラクターが主人公となった作品。
神秘的かつ個性的な仲間たちや、力強く成長する主人公の姿などに目を見張ります。

平均レーティング 3.17

第20位 バグズ・ライフ(1999年):11.5億円

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTgwNTQxNzM4NF5BMl5BanBnXkFtZTcwOTE4ODAyNw@@._V1_SX1777_CR0,0,1777,924_AL_.jpg

昆虫の世界をフルCGの映像で描いたファンタジー。
狂暴なバッタ軍団に対抗するため、ひとり旅立ったアリ・フリックの出会いと冒険を描く。

監督は「トイ・ストーリー」のジョン・ラセターで、同作のスタッフが再結集。共同監督はアンドリュー・スタントン。

平均レーティング 3.54

第19位 トイ・ストーリー(1995年):15.0億円

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTI1Nzk2MzU3Ml5BMl5BanBnXkFtZTcwMzAzMzc4Mg@@._V1_SX1684_CR0,0,1684,999_AL_.jpg

おもちゃたちが繰り広げる大冒険を描くピクサー制作のCGアニメ映画。少年アンディの一番のお気に入りだったカウボーイ人形のウッディだが、最新式のおもちゃバズ・ライトイヤーにその座を奪われてしまい…

この後、3つの続編が製作されいずれも名作とされたピクサーを代表するシリーズの1つであり、ジョン・ラセター監督の長編デビュー作でもあります。

平均レーティング 4.05

第18位 アーロと少年(2015年):17.0億円

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える