【3~5歳】寝かしつけにおすすめの癒し系おもちゃ6選

目次 目次

近年の入眠おもちゃの、ココがすごい!

①壁や天井が幻想的な空間に早変わり

就寝前に照明を落とすと、怖がってしまう子もいるかもしれません。

その点入眠おもちゃは、照明を落とすことで本領を発揮。
部屋が暗いほど映像がきれいに写るので、暗い寝室が苦手な子どもでもおやすみタイムを楽しめます。

②照明を使わず読み聞かせができるものも

プロジェクターを使って読み聞かせができるおもちゃもあります。絵本を読むときは照明が必要だったり、パパママの腕が疲れてしまうという悩みがあるのではないでしょうか。

暗い空間を利用したプロジェクター型のおもちゃなら、暗い部屋でも楽しくコミュニケーションがとれますよ。

③ゆったりとした音楽で部屋全体が落ち着いた空間に

幻想的な映像は素敵ですが、音を付けることでより子どもの興味をひきつけます。外からの雑音や静かすぎる寝室では、子どもの興味が逸れて、より目がさえてしまうことも……。

音と光で部屋全体をリラックス空間にすることで、より子どもの入眠をうながすように作られています。

①zitaku bclip -story projector-

https://item.rakuten.co.jp/caraz-mat/b-clip/

クリップ式の本体をスマートフォンに取り付けて使う、お手軽な入眠おもちゃ。スマートフォンのライトを通じて、壁や天井に映像を映し出します。
着脱できる絵本ディスクを回せば、イラストが変わるしくみです。ミニサイズなので、帰省や旅行にもおすすめ!

また、無料のアプリをダウンロードして連動すれば、絵本の読み聞かせもアプリがしてくれます。日本語以外にも英語・中国語・韓国語に対応しているので、日本語のストーリーを覚えたら挑戦してみましょう。

②Dream Switch(ドリームスイッチ)

https://item.rakuten.co.jp/netbaby/a73533xxx/

CMも絶賛放映中!累計20万台も売れている、セガトイズの大人気入眠おもちゃです。
床やテーブルに本体をセットして、映像を壁や天井に映し出します。リモコンで操作できるので、親子の添い寝を邪魔しません。

パパやママにもおなじみの「赤ずきん」や「うらしまたろう」などの童話や「いとまきのうた」「メリーさんのひつじ」などの童謡が収録。そのほか、図鑑と連動したお話、英語・ひらがななど、お勉強系のコンテンツも充実しています。

さらに、別売で「きかんしゃトーマス」や「ディズニーゴールド絵本」など人気のおはなしが続々販売されるのもうれしいポイント。

ゆっくりとした動きで、子どもの入眠をうながしてくれるおもちゃです。

③スタープロジェクターライト

https://item.rakuten.co.jp/pop-fashion/poplamp02/

メルヘンチックな光とオルゴール音で癒してくれるライトです。映像を投影するアタッチメントフィルムは6種類入り。メリーゴーランドや星座・宇宙・海といった癒される映像を壁一面に映し出します。

USB充電式なのでコードが邪魔にならず、寝室やリビングなど場所を選びません。投影フィルムを外せば間接照明のライトとしても使用可能。一人で寝られる年齢になっても長く使えます。

ちょっぴり怖い夜の寝室も楽しい気分で過ごせるアイテムです。

④【おそらの絵本】本体ミニタイプ(ふわふわモクモクおはなしディスク付き)

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!