【3歳~】設置が楽々なおすすめの「サンドボックス」5選|お庭に砂場を!

目次 目次

サンドボックスを購入する時のポイント

設置後の本体面積を確認!スペースに余裕を持たせる

サンドボックスをネットで購入したり、組み立て式の商品を買う場合は設置後の面積を確認しましょう。商品詳細には「組み立て前」のサイズが記載されていることも多いので、必ず実際に置いた時の大きさもチェックしておきます。

砂で遊んだ後に足や手を洗えるよう、お庭のスペースにはある程度余裕を持たせることも大切です。

抗菌砂を用意する

お庭に砂場をつくるには、砂を入れる「枠=サンドボックス」と、砂そのものが必要です。サンドボックスと砂がセットになっている商品も多いですが、ない場合は「抗菌砂」がおすすめ。

抗菌砂は菌類やカビの繁殖を阻止し砂場を清潔に保ってくれるので、小さなお子さんも安心して遊べます。また、砂がセットになっている場合も砂の品質には十分注意しましょう。

お庭にスペースがない場合はテーブルタイプがおすすめ

お庭のスペースに余裕がない場合は、テーブルタイプがおすすめです。椅子に座った状態で遊ぶテーブルタイプは設置後の大きさもコンパクトで、地面に直接設置しないため収納する時も楽ちん♪

砂の中へ入らずに遊べるので、靴やズボンが汚れる心配もありません。衛生面が気になる方にも◎。

① Caterpillar Sandbox(キャタピラー サンドボックス)

https://item.rakuten.co.jp/paranino/sp-21701r-01/

芋虫モチーフのキュートなサンドボックスです。縦長のスリムタイプなので、お庭の広さに余裕がないおうちや、旗竿地の通路などといったデッドスペースの活用にもぜひおすすめ!
ベランダやバルコニーにも置けるサイズ感なので、お庭がないご家庭にもぴったりです。

遊んだ後はフタをしめれば、ゴミや雨水が混入する心配もなし。お子さんが砂場遊びに飽きてしまった後は、おうちの中でおもちゃ入れとして活用できます。

水を入れて遊ぶこともできるので、夏場はちょっとしたプールにもなりますよ。

② 屋根付き砂場セット

https://item.rakuten.co.jp/mirague/lxy19-0404/

太陽の日差しがきつい日も安心して遊べる、屋根付きサンドボックスです。

屋根のポールは伸び縮み可能で、お子さんの成長に合わせて調節できます。また屋根は可動式で、日光が差し込む角度に合わせて向きを調整できるのも◎! 角にあたる部分はゴムで保護されており、小さなお子さんも安全に遊ばせられます。

スコップやバケツなどのおもちゃも合計12点ついてくるので、これ1つ購入するだけでさまざまな遊び方ができますよ。

③ VeroMan(ヴェロマン) サンドテーブル

https://item.rakuten.co.jp/veroman/10000472/

スペースが取れないお庭や、衛生面が気になるパパママにもおすすめのサンドテーブル!椅子に座った状態で遊べるので、靴や服が汚れる心配がありません。

中央にイルカのツリーが飾られたポップなデザインで、お庭遊びが楽しくなること間違いなし!カニや船など、さまざまな形の型抜きが子どもの想像力を刺激してくれます。使わない時は分解しておけるので、保管場所に困る心配もありません。


テーブルは3つに区切られているので、砂遊びと水遊びを同時に楽しむことも可能。砂遊びだけでなく、水を貯めてビー玉すくいをしたり、お店やさんごっこなど工夫次第でいろいろ活用できそうです!

④ Wood Warmth(ウッド ウォームズ) 木製砂場(大)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!