【3歳〜】世界各国で人気のおすすめ知育玩具はコレ!5ヶ国調べてみた【室内遊び限定】

目次 目次

国によって幼児教育が異なる!?各国の傾向とは?

①アメリカは「エコ」ブーム!繰り返し使えるおもちゃが人気に

アメリカでは、セレブによるエコ活動などが盛んなことから、1回で使い終わるおもちゃよりも繰り返し使えるおもちゃが人気を集めているようです。そのため、塗り絵などでも一度塗ったら終わりではなく、何度でも繰り返し塗れるような物が注目されています。

環境保全活動を行っているメーカーやプラスチック製品を使わないメーカーなど、環境に配慮されたおもちゃが人気ですよ。

②「クリエイティブ」な感性を育てるおもちゃはヨーロッパで人気

ヨーロッパでは、クリエイティブな感性を育てるのにぴったりな知育玩具が注目を集めています。
おもちゃのデザインも洗練されていてとってもおしゃれ!そのままインテリアとして使えるようなものが人気です。

また、粘土や絵具などクリエイターとしての才能を伸ばすおもちゃも多く展開されています。色合いが豊かで、繰り返し遊べるものが多いようです。

③アジア圏では幼少期から「学び」ができるおもちゃが人気

中国では、言葉や数字など「学び」を中心としたおもちゃが人気を集めています。ただし、おもちゃなので基本は遊びがベース。楽しく遊びながら学べるものが数多くそろっていますよ。

自分専用の机がついているおもちゃや、タブレットのように電子部品が使われたおもちゃなど、子どもの自主性や近代化に注力したものが人気です。

①【アメリカ】Melissa & Doug 「Wooden Latches Board」

https://www.amazon.co.jp/dp/1223062503/

Melissa & Doug(メリッサ&ダグ)は1988年創業の、アメリカの大手人気玩具メーカーです。

木のパズルを主体に数多くのおもちゃを展開している同社ですが、その中でも最も人気が高いのがこの「Wooden Latches Board(ロック アンド ラッチボード)」。パネルにあるロックを解除し、パネルの下に隠れているものを見つけて遊ぶ木のおもちゃです。

色や数、動物などを学びながら、指先の動きを養うことができるのでおすすめ。出しっぱなしにしていてもかわいいデザインで、文字(英単語)を読む必要がないおもちゃなので、プレゼントとしてもおすすめです。

https://www.melissaanddoug.com/wooden-latches-board/3785.html

②【ドイツ】HABA「Meine ersten Spiele – Fische angeln」

https://www.amazon.de/dp/B007084L6O/

ドイツの老舗玩具メーカーHABA(ハバ)社の、魚釣りができるおもちゃです。ただ魚釣りをするのではなく、サイコロで当てた魚を釣るルールがあるので、「遊びにも決まりがある」ということを学べます。

サイコロで出た形を理解して、それと同じ形を探す……という学びを、楽しみながら養うことも可能です。

1人〜最大4人ぐらいで遊べるので、家族で遊ぶのも楽しそう!ゲーム性が強い知育玩具なので、外出自粛中の室内遊びにもぜひおすすめです!

③【フランス】Mega Bloks Sac Bleu, jeu de blocs de construction, 60 pièces (英語名:First Builders Big Building Bag)

https://www.amazon.fr/dp/B0083F2XCW/

カラフルなブロックでおなじみの「Mega Bloks(メガ・ブロック)」は、フランスでも大人気!小さな手でも使いやすい大きめのブロックが特徴で、子どもの独創性や想像力を養いながら遊べます。

大きめのブロックなので、積み重ねていくと立ち上がったりする必要があるのもポイント。体全体を使って遊ぶことが可能です。

メガ・ブロックはバリエーションも豊富にそろっているので、買い足すこともできます。1人はもちろん、きょうだいやお友達、家族みんなで遊べるおすすめのブロックおもちゃです。

④【中国】VTech 伟易达 活动桌 4 合 1 学龄前儿童 组合扩展包 (英語名:Activity Desk Expansion Pack- 4-in-1 Pre-Kindergarten Expansion Pack Bundle)

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!