人気

子どもにおすすめの “泣ける” 映画10選|初めての感動の涙はこの作品で!

目次 目次

感動できる映画は、子どもの「人間性」を引き立てる。

ただ丸暗記した内容はすぐに忘れてしまっても、強く感動した出来事などはいつまでも覚えているものではないでしょうか。
「感動」は脳を刺激し、強い記憶として残るようになっています。感動する作品を視聴することは、子どもの感受性や感情表現へ大きく影響することが、脳科学の分野でも明らかとなっています。感受性が豊かになると、人や物事に感情移入しやすくなるため、気持ちを汲み取るのが得意な子になるそうです。

① ファインディング・ニモ

美しいグレート・バリアリーフが舞台のディズニー映画。

カクレクマノミの父「マーリン」の目の前で、ダイバーにさらわれてしまった子ども「ニモ」。
広い海の中から息子を見つけ出すため、ニモの行方を知っているというナンヨウハギの「ドリー」と共に、マーリンの大冒険が始まります。

テンポよくストーリーが展開していくので、小さい子どもも飽きずに見れるのがポイント。
また、子どもが真似をし始めるほど、キャラクターの個性が面白く描写されています。

物語の舞台となる美しい海の描写も必見!親子の愛が感じられる、おすすめ作品です。

② ベイマックス

2014年に公開されたこのアニメは、アカデミー賞・長編アニメーション賞や、アニー賞・アニメーション効果賞なども受賞した名作です。
ひとりぼっちの天才少年「ヒロ」と、亡き兄が遺したケア・ロボット「ベイマックス」が繰り広げる物語。

公開当時のコマーシャルの影響で、多くの方が “ハートフルなほのぼの物語” のイメージを抱くのですが、兄の死の謎に迫っていくスピード感あふれるアドベンチャー・アクションなど、子どもも釘付けになる要素がたくさん含まれています。

ベイマックスとヒロの掛け合いは、笑いあり、涙あり、そして心癒やされる演出が仕掛けてあります。
良い意味で予想外の感動ストーリー展開が期待できる、おすすめ映画です。

③ 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

大人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の映画の中でも「一番感動する!」と人気なのが、2001年に公開された「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」です。

ある日、クレヨンしんちゃんの舞台である春日部で「20世紀博」というテーマパークが突如開催され、大人たちは現実の生活を投げ出し童心にかえって楽しみます。
しかしその裏には、絶望の21世紀を捨て、希望に満ち溢れていた20世紀を永遠に存続させようとする、秘密結社「イエスタデイ・ワンスモア」の計画があったのです。

そこへ行ったきり帰って来なくなった大人たちを取り戻すため、しんのすけたち「かすかべ防衛隊」が立ち上がり大活躍するというストーリーです。

クレヨンしんちゃんらしい笑えるパートもありつつ、5歳児が奮闘する姿は子どもも自分を投影して楽しむことができます。

家族の絆や家族の強さを見せつけられる本作ですが、特に父のひろしがカッコ良く描かれているのがポイント。
親世代も大号泣間違いない名作です。

④ 若おかみは小学生!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える

プレゼント

ご応募はこちら