「せなけいこ」のおすすめの貼り絵絵本!個性とユーモアがあふれる10冊

目次 目次

9.ちいさなたまねぎさん

ちいさなたまねぎさん

https://shop.r10s.jp/book/cabinet/3230/32300189.jpg

ねずみに頭をかじられたじゃがいもさんの仇をとるために、調理器具や食器たちが大奮闘!
でも、ねずみに太刀打ちできません。
そんな時に、たまねぎさんが勇敢に立ち向かいます!
たまねぎさんのからさにねずみは降参してしまうのでした。
小さくても、仲間のために果敢に立ち向かうたまねぎさんの姿に、子どもながらに勇気づけられるでしょう。
また、わが子は「たまねぎはからくて涙が出る成分がある」ということもこの絵本で学ぶことができましたよ。

出版社:金の星社
発売日:1977年3月
ページ数:23ページ

10.たんぽぽねこ

たんぽぽねこ

https://shop.r10s.jp/book/cabinet/2863/9784790252863.jpg

かわいらしい白猫が、たんぽぽのわたげでおふとんを作るのですが、おふとんと一緒に風に飛ばされてしまいます。
ふわふわのわたげでおふとんを作ると、気持ちよさそうですね。
春らしさを感じる絵本なので、ぜひたんぽぽの季節に読みたい一冊。
お昼寝前の読み聞かせにもおすすめです。

出版社:鈴木出版
発売日:2015年02月

せなけいこさんの絵本で「学び」や「考え」を促して♪

温かみのあるかわいらしい貼り絵絵本が特徴の、せなけいこさんの作品たち。
せなさんの絵本は、結論をはっきりと言うのではなく、あえてあいまいな終わり方にすることで、子ども一人ひとりの考えや学びを促してくれる内容だと思います。
せなけいこさんの絵本を読み聞かせて、子どもたちの気持ちを育みましょう。

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!