【Netflix】 家族で楽しめる、おすすめの映画5選 「映画を観てうちで過ごそう!」

目次 目次

①『ウィロビー家の子供たち』両親に見捨てられ、冒険の旅に出る子供たちを描く

「こんな身勝手な親は嫌だ!」

『ウィロビー家の子供たち』は、アメリカの人気児童文学作家であるロイス・ローリーの作品をもとにして、クリス・パーンが監督、脚本を務める長編CGアニメーション映画です。

両親に捨てられてしまった「ウィロビー家の子供たち」は、自分たちだけの幸せの家庭を築くために、冒険の旅に出ます。そこで、4人兄弟である彼らは協力し合い、「家族」としての絆を深めます。
ストーリーは勿論、ポップなキャラクターや質感のある人形のようなアニメーションは必見です!

Netflixにて2020年4月22日より配信中。

②『チャーリーとチョコレート工場』で家族の大切さに気付かされる

言わずと知れた名作『チャーリーとチョコレート工場」は、ティム・バートンが監督を務めた2005年のアメリカ映画です。

ジョニー・デップ演じる、世界中で大人気のお菓子メーカー「ウィーリー・ウォンカ」の工場長ウォンカはある日、完全非公開であった自身の工場に主人公チャーリーをはじめとする5人の子どもたちを招待します。
工場内で起こる夢のような光景と独特の世界観が見どころです。

また、ウォンカの頼みを断って、彼のトラウマを克服させたチャーリーの家族に対する思いは、とても感動するもので、「家族の大切さ」をしみじみと感じる作品です。

Netflixにて2020年5月1日配信開始。

③『カンフーパンダ』シリーズ。悪を倒すヒーローパンダの物語

2008年から公開が始まった『カンフー・パンダ』シリーズは、古代中国を舞台とした大人気アニメーション映画です。
特に最初の『カンフー・パンダ』は全米No.1ヒットを記録しました。

「平和の谷」を狙う凶悪なカンフー使いタイ・ランを倒すため、臆病で怠け者のパンダであるポーが伝説の「龍の戦士」として選ばれます。
そして、シーフー老師のもとに弟子入りして、ポーは戦士として成長します。

太ったパンダが邪悪な悪者を成敗するという意外性と、映画の全体的なコメディー感はとても新鮮でクセになります。

Netflixでは、『カンフー・パンダ』全シリーズを観ることが可能です。
また、特別編である『カンフー・パンダ 秘密コレクション』も配信されているのでご覧になってはいかがでしょうか。


④ 『長靴をはいた猫』クールなネコの大興奮アドベンチャー

映画『長靴をはいた猫』は、『シュレック』シリーズに登場するキャラクターである「長靴をはいたネコ」を主役としてフォーカスした2011年公開のスピンオフ作品です。
映画では、シュレックに出会う前の冒険と生い立ちを描きます。

お尋ね者である「長靴をはいたネコ」ことプスは、嫌われ者のジャックとジルが「魔法の豆」を持っているという話を聞きつけ、盗もうと行動に移します。
その中で、メスネコのキティと旧友であるハンプティ・ダンプティと遭遇します。
その後、彼女らと行動を共にするも、プスはとんでもない罠に巻き込まれてしまします・・・

主人公プスのクールな性格と見た目の可愛さとのギャップはたまりません!
また、後半にかけてのストーリーはとても驚かされ、予測不能な展開となってます。

⑤『モーグリ:ジャングルの伝説』狼に育てられた少年の葛藤‼

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

みんなのSDGs