「ローリーズストーリーキューブス」で物語を作ろう|国語力が鍛えられる

目次 目次

国語力が大切だという話はよく聞きますよね。
特に最近、国語力という言葉をよく聞くようになりました。

たとえば文部科学省も「これからの時代に求められる国語力」で国語力の大切さを述べています。

しかし問題なのは、どのように国語力を身につけるかということです。
国語力を身につけると言っても、勉強で身につけるのは大変な部分もあります。

そこでこの記事では「ローリーズストーリーキューブス」というおもちゃを紹介します。
この「ローリーズストーリーキューブス」は文章力の育成に最適なのです。

ぜひ皆さんもこの記事を読んで、「ローリーズストーリーキューブス」にチャレンジしてください!

「ローリーズストーリーキューブス」とは

キューブ

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71%2BdNrz6diL._AC_SL1500_.jpg

国語力が大切になってくる中で、勉強によって能力を鍛えることはもちろん大切なことです。

しかし勉強だけでは辛くなってくることもあります。
できることなら遊びながら国語力を鍛えたい。
そう思うのは皆さん、同じでしょう。

「ローリーズストーリーキューブス」にはキューブの個数と大きさによって3つのタイプに分けられます。

9つのキューブを使った「ローリーズストーリーキューブス」

「ローリーズストーリーキューブス」は9つのキューブを使うのが基本です。

9つのキューブを使ったものには以下の3つがあります。

①ローリーズストーリーキューブスオリジナル
「ローリーズストーリーキューブス」の標準版でキューブをつなげることで簡単に物語を作ることができます。

②ローリーズストーリーキューブスアクション編
アクション編は描かれているイラストがよく使われる動詞になっています。
オリジナル版といっしょにまぜて遊ぶこともできます。

③ローリーズストーリーキューブス冒険編
別の種類の物語を作りたいという方にピッタリなのが冒険編です。
こちらもオリジナル版と合わせて使うことで、おもしろい物語が作れます。

3つのキューブを使った「ローリーズストーリーキューブス」

「ローリーズストーリーキューブス」には3つのキューブを使った商品もあります。

それぞれのセットのみで遊ぶこともできますが、いくつかまぜて9つのキューブにした方が楽しめます。

シリーズとしては以下のものが販売されていますので、おもしろそうなキューブをまぜて使ってみてください。

・ローリーズストーリーキューブス 推理
・ローリーズストーリーキューブス 魔法
・ローリーズストーリーキューブス 古代
・ローリーズストーリーキューブス 銀河
・ローリーズストーリーキューブス 病気
・ローリーズストーリーキューブス スポーツ

大きなキューブ「ローリーズ ストーリー キューブスマックス」

「ローリーズストーリーキューブスオリジナル」のキューブが大きくなった商品です。

企業研修や小さなお子さん、視力が弱い方などが利用している商品です。

「ローリーズストーリーキューブス」の遊び方

「ローリーズストーリーキューブス」には、 9つのキューブ、それぞれの面に絵が書かれています。
その絵をつなげて物語を作っていくだけです。

自由に絵を見て発想し、物語を作っていけるので、誰でも楽しみながら文章を作れるというわけです。
宇宙人のような絵もあって、結構おもしろい物語が作れます。

また同じイラストでもイラストから連想する内容が子どもによって違うこともあります。
子どもが楽しみながら遊べる工夫がされているんですね。

私たちは「ローリーズ ストーリー キューブス オリジナル」を購入して遊んでみました。
こちらは初めての方にとくにオススメです。

「ローリーズストーリーキューブス」を子どもたちと一緒にやってみて気づいたこと

キューブはひとつでもいろいろな考えができる

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51GIo8fXqUL._AC_.jpg

我が家でも実際に「ローリーズストーリーキューブス」を購入し、小3の長男と年長の子といっしょに遊んでみました。
そこで気づいたことを3つ紹介します。

1. 幼児でも大人と一緒ならできる

こちらのゲームの対象年齢は6歳以上です。
6歳以上というと小学生なのですが、年長の次男も問題なくできます。

その理由は文字ではないからです。
絵を見て物語を作るのは、そんなに難しいことではありません。
もちろん完成度はあまり高くありませんが…。

2. 毎日1・2回がよい

「ローリーズストーリーキューブス」はおもしろいゲームですが、何時間も続けてやるものでもありません。
1日にたくさんやるよりも、毎日少ない回数でも継続していくのが大切です。
その方が効果はあるでしょう。

実際に少ない回数であれば、楽しんで子どもたちもやっていますし、継続できます。

3. 大人も一緒に物語を作った方がよい

「ローリーズストーリーキューブス」は子どもだけのゲームではありません。
実際には大人でも楽しめるゲームです。
そのため家庭で子どもと一緒にやる場合は、大人も一緒に物語を作ってみましょう。

物語を作るのは簡単だと思われるかもしれませんが、9つのキューブを並べて物語を作るのは意外と難しいものです。

もしおもしろいと思えば、会社の研修で使ってみるのもいいかもしれませんね。

「ローリーズストーリーキューブス」で国語力を向上させよう!

国語力を身につけるというのは一朝一夕でできるものではありません。
毎日継続的に行うことで身に付いていくものです。

そのため「ローリーズストーリーキューブス」も毎日少しずつやっていくことをオススメします。

ぜひ「ローリーズストーリーキューブス」を継続的に行って、物語を作りましょう。
そうすることで、国語力が向上すると思いますよ。

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」