お部屋がパッと明るくなる!モコモコペイントの簡単フラワーアレンジメント【アメリカン・キッズ・アート】

目次 目次

お花を飾ると、気分がアップ!

思いがけず、お家で過ごす時間が増えた2020年の春。
お家にずっとこもりきりの日々が続くと、なんだか窮屈な気持ちにもなってきますよね。

そんな時におすすめなのが、お花を飾ること!
筆者もスーパーに行ったついでに適当な花束を買って、ボンと大きな花瓶に生けています。
フラワーアレンジメント…とは言えないほど、あまりに適当な飾り方ですが。
それでも、お部屋にお花があるだけで気分がパッと明るくなったりします。

お花は、部屋の中の悪い運気を吸い取ってくれる…という話も、あるみたいですよ。

今回ご紹介したいのは、モコモコのペイントをお花に見立てた、フラワーアレンジメント・アート!
シェービングクリームと絵の具を使って作る、モコモコとしたペイントは、立体感があって楽しいですよ。
また、普通の色のペイントを使っても、何故かパステルっぽく仕上がるのも魅力!

ふんわり、モコモコ。
春らしい雰囲気の可愛いお花を描いて、気分を上げてみませんか。

完成イメージは、こちら!

準備するもの

★画用紙・・・2枚
★シェービングクリーム・・・1つ
★ペイント・・・3色程度
☆筆
☆ペン
☆小瓶

※筆は、色の数だけ用意しておくと便利です。筆の代わりに、アイスの棒や、スポンジなどを使っても楽しめますよ。
※シェービングクリームは、ジェルタイプではなく、泡タイプを使います。

【ステップ1】小瓶にモコモコペイントを作ろう!

シェービングクリームと絵の具を混ぜて作る"モコモコペイント"をお花に見立てて、
画用紙の上でフラワーアレンジメントを楽しもう!というのが、今回のアートの概要です。

まず最初に、モコモコペイントをお好みの色で作っていきましょう。
色ごとに小瓶を用意し、そこにシェービングクリームを適量出します。

次に、泡に絵の具を適量落として、色が均一になるまで優しく混ぜます。

筆者は赤・黄色・紫のペイントを使いましたが、仕上がりは何故か淡いパステルに変身!
あえて薄い色・淡い色のペイントを用意しなくても、春らしい色味になりますよ。

泡はふわふわしているので、混ぜる工程も楽しいもの!
だんだん色が変わっていく様子を楽しみながら混ぜていけば、あっという間にモコモコペイントの出来上がりです。

※泡を食べないよう、ご注意ください※

このモコモコペイントは、子どもによっては美味しそうに見えてしまうことも。
筆者の息子(1歳)も何度か口に運ぼうとしていたので、小さい子どもと一緒にアートに取り組む際は、アクシデントがないよう、ご注意いただけたらと思います。

【ステップ2】画用紙に花瓶を描こう!

次に、画用紙にペンで花瓶を描きます。

画用紙の下半分~3分の2程度を目安に花瓶を描くと、バランスがいいと思います。

「絵心がないから…」という心配は無用!
筆者の絵をご覧ください。
多少ヨレヨレしていても、モコモコペイントを乗せると、不思議とそれなりに仕上がるのでご安心を。

ただポイントとしては、花瓶に模様やパターンを描き入れること。
画用紙のスペースが埋まることでバランスが取れて、素敵に見えますよ。

【ステップ3】ここが楽しい!モコモコペイントで、花瓶に花を生けよう!

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」