【0~3歳】JUSSILA(ユシラ)社のおすすめおもちゃ5選 ~子育て先進国フィンランドより~

目次 目次

赤ちゃんも興味津々!フィンランドの人気おもちゃメーカー「ユシラ社」とは?

https://www.nikitiki.co.jp/toymakers/11/index.html

①木のぬくもりが優しい、赤ちゃんにピッタリのおもちゃたち

ユシラ社のおもちゃは、木目や節もなく、明るい色合いのフィンランドの樺材の素地木を使っています。カラーリングも美しいモダンな北欧デザインは、赤ちゃんの視覚を刺激するだけではなく、いつまでもとっておきたくなる見栄えの良いおもちゃです。

使い終わった後も、かわいいおもちゃのインテリアとしておすすめ!美しく調和の取れた色の組み合わせは、色彩感覚の発達をも養ってくれます。

②子どもの創造性を高めるおもちゃ

ユシラ社のおもちゃは、創業者のユッホ・ユシラ氏が教師経験で培った、子ども心への理解に基づいて開発されています。
大人が勝手に設定した使い方を子どもへ強要するのではありません。子どもに潜在的に宿る「創造を生み出す力」を使って、子ども自身で遊び方を見つけられるコンセプトがベースとなっています。

大人はつい「何をするおもちゃだろう?」と考えてしまいますが、「何でもできるおもちゃ」として子どもに与えることができるので、子どもの想像力を高めることができるツールとして人気があります。

③子どもの大切な思い出として、長く使えるおもちゃを

自然のものや実在するものを模倣せず、あえて「特徴的」に作り上げるのが、ユシラ社の方針です。
内面的な特徴や性質は子どもの遊び心に響き、無限の想像力でいろいろな楽しみ方ができます。

また「壊れやすいおもちゃであれば、子どもが物を大切にしない子になるかもしれない」という思いや、大人になってからおもちゃを見てあの頃を思い出してほしい、という想いから、赤ちゃんが自由に使っても壊れにくい構造のおもちゃが揃っているのが特徴です。

① カラームカデ (Pull Discs)

https://item.rakuten.co.jp/gajumarunoki/jussila-67/

長さ30cm。まるでムカデのように忙しく足が動く、ユシラ社のベストセラー。1979年に日本で販売が開始されてから、常に人気を誇るプルトイです。

紐を引っ張って遊ぶことができる木のおもちゃは、ハイハイを始めた頃からひとり歩きをする1歳過ぎまで長く使うことができます。

1歳頃の赤ちゃんは、紐についたおもちゃを引きずりながら歩き回るのがなぜかお好きなようで……。
カラフルな木のパーツはクルクルと面白く回るため、赤ちゃんも夢中になって遊んでしまうでしょう!

口に入れても安全な塗料を使っているので安心。ベビーカーやベッドに取り付けてベビーチェーンとしても使えるなど、用途の広いおもちゃですよ。

② 丸スズ(Bell wheel)

https://item.rakuten.co.jp/opporoppo/10/

新生児期から2歳頃まで楽しく遊べる、鈴入り木製ラトルです。音色の柔らかい鈴が使われており、赤ちゃんの耳にも心地良い鈴の音が響きます。

直径6cm・高さ6.5cmのコンパクトサイズ。棒の部分に自然と指が引っかかるため、赤ちゃんの手に握らせて振って遊ばせるのにもピッタリ。転がして遊んだり、歯固めにしたり……と、乳児のおもちゃにおすすめです。

黄・赤・青・緑・白木の5色展開されているので、好みで色を選ぶことができます。

③ ハンマートイ(Hammer toy)

https://item.rakuten.co.jp/opporoppo/43-1/

「トントントン♪」と叩いて使うハンマートイは、手をうまく使って叩く必要があるので、赤ちゃんの手の動きを発達させることができるおもちゃです。
ハンマーでペグを叩いて下まで下がったら、台を裏返すだけですぐ遊びの続きが出来ますよ。

最初はうまく叩けないことも多いですが、楽しんで遊び続けていくと、打ち込むのに必要な力や手の動作が身につき、いつの間にか上手に遊べるようになります。

3歳や4歳になっても子どもたちが夢中になって遊べるおもちゃなので、長く使えるのもポイント。小気味よい音は、子どもたちのストレス発散にもなりますよ。

③ ハンマートイ(Hammer toy)

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」