気分は消防士!トミカワールドでヒーローになりきろう!

目次 目次

50年間、愛されつづけるトミカの魅力は?

撮影:ウリボン

1970年に初代トミカが発売されてから50年、トミカは子どもだけではなく、大人までも魅了し続けています。

トミカの魅力は細部までこだわって作られているので、かなり本物に近いミニカーに仕上がっていることだと思います。

本物にそっくりだからこそ、子どもたちはトミカをごっこ遊びをするときに、その舞台をイメージしやすくなるのでしょう。

また大人たちにとってのトミカは、自分が幼い頃に遊んだ思い出のあるおもちゃであると同時に、大人になってから乗った車、もしくは好きな車のそっくりなミニカーとしてコレクションして楽しむことができるおもちゃです。

最近では各地で行われているトミカ博やテーマパークごとに、そこでしか手に入らない車種も販売されていて、トミカは遊ぶだけではなく、思い出も共有できるおもちゃになっています。

トミカワールドでヒーローになりきれるおすすめ3選

トミカには、車のメーカーが実際に発売している実用車だけではなく、消防車やパトカーといったはたらく車もたくさん発売されています。

そのほかにも特撮に登場してきそうな、近未来をイメージしたトミカもたくさん発売されていますね。

今日はその中から、男の子たちがヒーローになりきって夢中で遊べる3つのトミカワールドを見ていきましょう。

無線でピピッと出動指令! 変形ファイヤーステーション

「変形ファイヤーステーション」は、その名のとおり『消防署』をテーマにした建物です。

このおもちゃがおすすめの理由は、臨場感のある赤ランプの点灯と大迫力の臨場サイレン&出動ボイスをボタンひとつで発動できるところ。

付属のファイヤーシーバーで出動命令をし、中に設置したトミカの一斉排出を実行しましょう!

気分は、街を火事から守る消防隊のヒーロー!

その消防隊に命令を出すのは、ファイヤーレシーバーを手にした子どもたちです!

メーカー希望価格:7,800円(税抜)
対象年齢:3歳以上
使用電池:単3形アルカリ乾電池×3本(本体)
    :単4形アルカリ乾電池×2本(リモコン)
※トミカ別売り

DXサウンドポリスステーション

「DXサウンドポリスステーション」は、子どもたちには身近な警察かモチーフになっています。

保育園や幼稚園に入ると園内行事で交通安全教室があったり、イベントでパトカーや白バイの乗車体験ができたりと、意外と接する機会が多い警察官。

その影響もあるのか、幼稚園行事の将来の夢で「警察官になりたい」と話す男の子は多いですよね!

実際に、私の長男も年中の頃は「けいさつかんになりたいです」と七夕の短冊に書いていました。

そんな子どもにプレゼントしたら、大喜びされることが間違いないと思われるのが、この「DXサウンドポリスステーション」です。

「DXサウンドポリスステーション」を舞台に、街の平和を守るヒーローになって正義感を育てていきましょう!

メーカー希望価格:6,800円(税抜)
対象年齢:3歳以上
使用電池:単3形アルカリ乾電池×2本
※トミカ別売り

トミカタウンビルドシティ パワークレーン建設現場

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える