ヨシタケシンスケさん作のおすすめ絵本10選|2020年4月版

目次 目次

ヨシタケシンスケさんの魅力って?

①「くだらないけど、大事なこと」を教えてくれる

絵本の内容は子どもでもわかりやすいものが多く、読み聞かせにもオススメしたいものばかり。

「くだらないこと言ってる~」と思いきや、正解はひとつではないことや、可能性は無限にあることを子どもに教えてくれます。

大人も忘れていたことを思い起こせたり、新しい視点や子どもの考えに気づかせたりしてくれます。

②ひとつのことにとらわれない発想力

「風呂敷は包むもの」というのは、大人の固定概念。
「10人いれば、10通りの使い方があってもいいじゃない!」という考え方を、全面的に肯定しているのがヨシタケシンスケさんならではの視点です。

こんな使い方もあるね、こんな考えもいいね、と個性を認めるきっかけにもなります。

③子どもと「あるある!」を共感できる

どの絵本にも共通しているのが、子どもの視点で描かれているということ。「元・子ども」の大人が読んでも、「やったやった、こんなこと!」とか、「うちの子もやってる~」と親子で共感できるものが多いんです。

「パパやママも子どものころやったよ」とコミュニケーションを取りながら読めますね。

① もしものせかい

https://www.ehonnavi.net/ehon/135039/%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%9B%E3%81%8B%E3%81%84/

大切にしていたのに、突然なくなって見つからないこと、ありますよね。なくなってしまったものは「もしものせかい」にいってしまったのかもしれません。

突然のお別れでぽっかり空いてしまった「心の隙間」を埋めるにはどうしたらいいのか、大人にもオススメの絵本です。

② なんだろうなんだろう

https://item.rakuten.co.jp/mangazenkan/j8318484620/

小学校低学年の道徳の教科書にも掲載されているものを、1冊にまとめた絵本。学校や友達など、12の「なんだろう」を追求しています。

幼児にはちょっと難しいかもしれませんが、「こんな考え方もあるね」というスタンスで読んでみて。

③ わたしのわごむはわたさない

https://books.rakuten.co.jp/rb/16064084/

大人になっても「自分だけの大切なもの」ってありますよね。自分だけの輪ゴムで、女の子はいろいろなことをしようと想像を膨らませます。

「あなただったらどうする?」と「ママだったらね…」と楽しみながら読める1冊。

④ ころべばいいのに

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える