【3~6歳】「きかんしゃトーマス」最新プラレール おすすめ5選

目次 目次

世界を舞台に大活躍!大好きなトーマスと一緒に文化も学ぼう!

大好きなトーマスの世界観を楽しもう!

イギリスの牧師ウィルバート・オードリーが描いたベストセラー「汽車のえほん」から誕生した「きかんしゃトーマス」。1984年に映像化され、2015年には原作出版70周年を迎えました。

世界40の言語、180以上のエリアで放送されているなど、世界中の子どもたちから愛されているキャラクターです。日本では絵本が40年以上前から、そしてテレビ放送も25年以上の歴史があります。

プラレールでは1992年よりトーマスシリーズを発売しており、親世代にも知名度の高い商品!映像で見たトーマスと仲間たちが目の前を走る光景は、トーマスが大好きな子どもにとってテンションMAX!なおもちゃです。

②プラレールで子どもの能力を伸ばす!?

50年以上前から販売されているプラレールは「遊び方を規定しない」をコンセプトにつくられた、自由度の高い大人気おもちゃです。《自分で作り上げたレールにトンネルや駅などを組み合わせる》という遊び方は、子どもの思考力を刺激します。

作り上げた達成感は子どものやる気を伸ばすこともでき、長時間つい夢中になって遊ぶことで集中力を高めることも。

プラレールは、発売が開始された1959年から大きなモデルチェンジを一度も行っていません。基礎的な子どもの能力を伸ばすことが期待できますね。

③未知の世界を。各国の特徴を楽しみながら覚えられる!

プラレール「世界のなかまたち」シリーズでは、テレビシリーズでトーマスが仲良くなった、世界各国の機関車たちをリリースしています。「映画きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー」や「映画きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち」に登場した世界の機関車たちも大集合する人気シリーズです。

ここで紹介される世界の機関車たちは、各国を象徴したデザインが施されており、色鮮やかで見ているだけでも楽しくなります。また、世界の国の特徴的な風景や風習など、子どもたちがまだ触れたことのない世界観が広がっています。

子どもたちは楽しみながら世界に関する知識を身につけられるため、ぜひ親子で楽しみたいオススメシリーズです。

① プラレール きかんしゃトーマス ドクター飛行機トーマスと世界のなかまたちセット

https://biccamera.rakuten.co.jp/item/4904810146445/

「トーマス」と「ホンメイ(Hong-Mei)」「ラジブ(Rajiv)」の3台セットです。

「ホンメイ」とは北京語で「赤い梅」を意味します。中国の鉄道で働く機関車で、ボディには「一号」と書かれていますよ。競争が大好きな女の子の機関車で、青色のボディに赤い線、切れ長の目が特徴的です。ホンメイは動力車なので、電池を入れて走らせることができます。

「ラジブ」はインド語で「連の花」を意味します。インドの鉄道で、乗客や貨物を運ぶ小さな機関車です。インドらしく、きれいな装飾がされているのが特徴で、煙突には王冠が付いています。このラジブは手で転がすとカタカタと音が鳴るてころがしタイプです。

「トーマス」は、オーストラリアでトーマスが夢みた「ドクター飛行機トーマス」を表現したものであり、翼パーツがセットされています。今までのトーマスにない翼や色鮮やかな車体の仲間たちがセットになっているので、すでにトーマスを持っている子どもにも喜ばれるセットです。

②トーマスとなかまたち!地球まるごと大冒険セット

https://item.rakuten.co.jp/es-toys/10826601/

直線レールや曲線レール、自動クロスレールや単アウトレール、坂レールなどのレール系に加え、吊り橋やブロック・レンガ・やまの3種類の橋脚や、動物パネル、ナップフォード駅がセットになっています。

このセットの特徴は「マップシート」が付いていること。ソドー島と4ヶ国(インド、オーストラリア、アフリカ、中国)が描かれており、世界中を大冒険することができます。

キャラクターのイラストも20種類、動物のイラストも20種類描かれているので、マップの中からお気に入りのキャラクターや動物を探して遊んでみましょう。

付属のレールセットで組める6種類のパターンの説明書が入っているため、このセット一つあれば十分に遊ぶことができますが、手持ちのレールやほかのパーツを組み合わせることで、より幅広い世界観で楽しむことが可能です。先ほど紹介した世界のなかまたちと一緒に走れば、より一層世界観を高めて遊ぶことができるでしょう。

名前には英語+カタカナが表記されているので、英語の勉強にもぴったり。各国の特徴的な情景や風景、仲間、動物などを遊びながら学ぶことができますよ。

③ TS-18 プラレール ヨンバオ

https://item.rakuten.co.jp/yousay-do/4904810618942/

映画版放映時に発売された中国の車両「ヨンバオ(Yong Bao)」は、煙突には龍の顔が、炭水車には虎が描かれたきらびやかな機関車。ヨンバオは北京語で「抱擁」を意味します。

とても勇敢な救助作業を行ったエピソードが印象的なヨンバオは、名前の意味の通り親切な機関車でもあります。今までにない「力強さ」が強調されたデザインでもあるので、世界中のなかまたちの世界観にピッタリ!

④TS-23 プラレールアシマ

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!