【クッキーのおうさまシリーズのレビュー】小学1年生の読書感想文にぴったり!低学年でも楽しめておすすめ♪

目次 目次

クッキーのおうさまシリーズってどんな内容?低学年の子どもでも読める?

本を読む女の子

クッキーのおうさまシリーズは絵本ではなく童話

童話は絵本とは違い、絵を中心とした構成ではなく文章を重視しているものなので、授業で字を習い始めたらだんだんと絵本から童話へとステップアップしてみてもいい頃。

私も小学1年生の子どもの読書感想文のため、クッキーのおうまシリーズを全て読んでみましたが…
・漢字が使われていない
・文字が大きく、1ページに対しての文字数が少なめ
・カタカナにはふりがながふってある
この3点がポイントだと思いました!

そのあらすじはというと…

クッキーのおうさまシリーズ『クッキーのおうさま』のあらすじは?

クッキーのおうさまシリーズは、その名の通り“クッキーのおうさま”が大活躍する童話です。

りさちゃんが作った、おうさまの形のクッキーが動きだして、空き箱でお城を作ったり、宝物を探しに出かけたり。でもある日…!?

出典元:https://www.akaneshobo.co.jp/search/result.php

そうなんです、クッキーのおうさまは動いたり冒険をしたり、クッキーなのに行動力がハンパない(笑)
ハラハラする展開は、大人が読んでもじゅうぶん楽しめますよ〜!

シリーズ一作目の『クッキーのおうさま』は、 人間の女の子“りさちゃん”がクッキーを焼いた時に誕生したおうさまの生活や日々の冒険を描いたもの。
奇想天外な展開が続くので、小学1年生でも飽きずに一冊読み切ることができました!

読書感想文にしやすい理由は?

原稿用紙 マス目 教育 校舎 学校 宿題 感想文

小学校低学年の読書感想文で大事なことは、本を楽しく読み切って、その感想をしっかりと書くことですよね。

①出だしを書く(あらすじや登場人物の行動についての問いかけ)
②話の中心を書く(一番印象に残った場面について思ったこと)
③終わりを書く(本を読んだ感想)
と、3つくらいに段落を分けると、子どもも考えやすいと思います。

こんな風に読書感想文を組み立てる時には、起承転結がしっかりとわかりやすい本だと子どもも組み立てやすそう。
クッキーのおうさまシリーズは、その起承転結がとっても明快で、子どもも「今場面が変わったな」と気づきやすいんです。

77ページとややページ数は多い印象ですが、絵もたくさんあるので物語の流れが頭に入りやすいようです。

クッキーのおうさまシリーズは何冊ある?

クッキーのおうさまシリーズは、現在三作品ほど発行されています!

一冊ずつご紹介していきますね♪

『クッキーのおうさま』

https://www.akaneshobo.co.jp/book_imgs_l/9784251040190.jpg

作:竹下文子
絵:いちかわなつこ
定価:1,210円 (本体1,100円+税)
対象年齢:5歳から
ページ数:77ページ
初版:2004年2月

シリーズ一作目のこちらの本は、おうさまの誕生が描かれています。
どうしてクッキーがおうさまになったのか?
おうさまはりさちゃんの家で、どんなくらしをしているのか?などが詳しくわかり、さらにびっくりするような冒険を繰り広げていきます。

まずはこの一冊で、クッキーのおうさまに興味を持ってもらうといいかもしれませんね!

『クッキーのおうさま そらをとぶ』

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

Rakuten ABCmouse × おほしさまちゃんねる|ハピクラワールド

Rakuten ABCmouse × ひなゆめワールド|ハピクラワールド

学びの秋を応援!楽しく学べる楽習教室「ドラキッズ」

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える