3歳からの知育におすすめ「おさるのジョージ スリーヒントカードゲーム」の遊び方

目次 目次

言葉が飛躍的に発達する「3歳」

自分でやりたい、やりたいことがうまくできないけどそれを言葉で表現できない「イヤイヤ期」と言われる2歳から、理解できる言葉が急激に増えて、簡単なあいさつやお礼など、コミュニケーションが取れるようになってくるのが3歳です。
また、簡単なストーリーが理解できるようにもなってくるので、絵本に登場する人物を自分に重ね合わせて想像し、ごっこ遊びに使うこともあります。

3歳児は言葉でのコミュニケーションが発達する

出典元:PIXTA

「おさるのジョージ スリーヒントカードゲーム」はどんなおもちゃ?

「おさるのジョージ スリーヒントカードゲーム」は「かるた」のようなカードゲームです。
ただ、普通のかるたとは違い、読み上げられるのは「絵の説明」で、選ぶ絵札には文字はありません。
「言葉」を聞いてイメージし、そのイメージと合う「絵」を選ぶという、少し高度な遊びになっています。

ヒントから正解を導き出す

出典元:https://www.amazon.co.jp/

3歳児に嬉しい「効果」

ただ書いてある文字を選ぶ「かるた」に比べて、一度「イメージする」というステップが入ることは、3歳児の知育としては大変効果的です。
「言葉の短期記憶(ワーキングメモリー)」と「言葉の意味理解」という2つの能力が同時に養われ、集中力の強化も期待できます。

おさるのジョージ スリーヒントカードゲーム

出典元:https://www.amazon.co.jp/

「おさるのジョージ スリーヒントカードゲーム」の内容物

「おさるのジョージ スリーヒントカードゲーム」には以下のものが入っています。

・読み札:36枚
・絵札:36枚
・白札(読み札用、絵札用):各1枚
・遊び方説明書:1枚

なお、読み札は10cm×6.5cm、絵札は10cm×7.5cmと、3歳児が遊ぶことを想定して大きめになっています。

読み札、絵札のイメージ

出典元:https://www.amazon.co.jp/

「おさるのジョージ スリーヒントカードゲーム」の遊び方

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

Rakuten ABCmouse × ひなゆめワールド|ハピクラワールド

学びの秋を応援!楽しく学べる楽習教室「ドラキッズ」

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える