ゴムとびで体力UP!おすすめ動画6選|体全体をバランス良く動かすゴムとびをご紹介

目次 目次

ゴムとびとは?

ゴムとびはゴム段とも呼ばれ、リズムに合わせてとぶ遊びです。 この遊びは特に昭和時代に流行し、学校や放課後に遊ばれていました。

ゴムとびは体全体をバランス良く動し、レベルがアップすると汗をかくほどの運動量になります。また足首を使ってとぶので、足首強化も期待できます。

用意するもの

ズボンやスカートに使う手芸用の平ゴムだけ用意すればOK。
手芸用の平ゴムを3mほど用意して、端を結びます。

ポケットに入れておけばいつでも遊べる手軽さも人気の秘密です。

遊び方

人数は3人以上が理想です。ゴムを持つ人が2人必要だからですね。人数が足りないときは、2脚の椅子などに引っ掛けて遊ぶことができます。

遊び方としては輪になっている長いゴムに2人が入り、2人とも足首に引っかけて、少しだけ引っ張るように向き合います。これで準備完了。

次にゴム持ち係以外の人が1人ずつリズムに合わせてとびます。
決められた順に間違えずにとぶことが出来ればこのステップはクリア。ゴムの紐を膝まで上げることや、足を広げるなど、どんどんと難しくなっていきます。

ルールはさまざまですが、ポイントはゴムを持つ人も遊べるようにルールを設定すること。例えば、順序を間違えた、つまずいてしまったなど3回失敗したらゴムを持つ係と交代するなど、遊び始める前にルールを決めておくとスムーズに遊べます。

それでは具体的な遊び方を3種類と応用編ご紹介します。

① グーパーグー

1つ目は「グーパーグー」という遊び方です。

じゃんけんのように「グー」は足を閉じたポーズ、「バー」は足を開いたポーズ です。それにゴムを踏む、ゴムをねじる、ぴょんととぶなどを組み合わせて1セットが終わります。

工夫例としては2人で一緒にとぶ、ゴムの位置を高くするなどがあります。

慣れてきたら片足で挑戦しましょう。片足だとバランス感覚が要求されるので、簡単そうでも意外とクリアできないのです。両足でとぶよりも体幹を使うので、1セットずつ左右交互に足を使ってみてください。

【動画詳細】
再生時間:1分09秒

② グーパーグー《応用編》

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

Rakuten ABCmouse × おほしさまちゃんねる|ハピクラワールド

Rakuten ABCmouse × ひなゆめワールド|ハピクラワールド

学びの秋を応援!楽しく学べる楽習教室「ドラキッズ」

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える