「恐竜惑星」番組内容&主要キャラクター紹介

目次 目次

恐竜惑星ってどんな番組?

https://www.amazon.co.jp/dp/4073033212

恐竜惑星は、1993年~1994年までNHK教育テレビ「天才てれびくん」の番組内で放送されていました。主に実写と当時のCGを使用した内容で構成された全60話のテレビアニメです。

主人公である、「天才てれびくん」てれび戦士の山口美沙がハンドルネーム萌として、恐竜のいる世界に入り込みバーチャルワールドで恐竜人類との戦いに巻き込まれていきます。

物語は、登場人物でCGのアッケラ缶と同じてれび戦士の清野努がナビゲートしながら進みます。その様子は、CGや実写、アニメを組み合わせながら作られているのが特徴的です。

当時の天才てれびくんの様子は、NHKアーカイブスで見ることができますよ。

①美沙/萌(山口美沙/声:柴田由美子)

山口美沙オフィシャルブログ(2021年6月15日投稿)より

主人公で女の子の美沙は、通常の現実世界では努と同じオペレータ席に座っているてれび戦士です。

バーチャル大陸に入り込んだ時は萌というハンドルネームになり、現実世界にいる努と連携を取りながら動いていきます。肉食恐竜の壮絶な世界を目の当たりにして戸惑いながらも、物語の主人公として任務を果たします。

恐竜惑星に実写版で美沙役として登場した山口美沙さん。てれび戦士として3年間レギュラーで「天才てれびくん」に出演していました。

その後、メディアやCMにも多数出演していました。伊東四朗さん司会の情報バラエティ番組「伊藤家の食卓」に次女役として登場していたのがとても印象的でしたね。

https://www.81produce.co.jp/actor_search/index.php/item?id=217

バーチャルアニメ世界に入って萌となっている時の声を担当したのが声優の柴田由美子さん。青二プロダクションから現在は、81プロデュースに所属されています。

声優業は1980年代からと歴も長く、これまでに数々のアニメの声を担当されてきました。
人気アニメであったキン肉マンやドラえもん、聖闘士星矢などに登場されていましたよ。

②レイ(声:吉田理保子)

バーチャル大陸で萌と一緒にいる草食恐竜の子どもで、レイという名前は萌によって付けられました。
萌に拾われたことをきっかけとしてとてもなついており、喋ることの出来なかった言葉が中盤以降は片言で話せるようになります。

レイの声を演じていたのは、元声優の吉田理保子さん。現在は声優業を引退されていますが、恐竜惑星に出演されるまで1970年代~1980年代のアニメを中心にご活躍されていました。

メインキャラクターも多数演じられており、1974年の魔女っ子メグちゃんでは主役の神崎メグ役、ゲッターロボGでは早乙女ミチル役。未来少年コナンではモンスリー役などを担当していました。

③努(清野努)

アッケラ缶と一緒に、現実の世界で萌をナビゲートする役割を担っていた恐竜好きなてれび戦士の努。普段はオペレータ席に居ますが、何度かバーチャル大陸に入り込もうと試みるものの失敗に終わり、結局入ることはできませんでした。

当時小学4年生でてれび戦士として登場していた努役の清野努さん。てれび戦士として天才てれびくんでの出演をメインに、当時子役としてテレビドラマにも出演されていました。

現在は残念ながら芸能活動はされていないようですが、2児の父となった清野さん。SNSの更新は少しされているようですよ。

④アッケラ缶(声:上田敏也)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」キッズステーションにて放送中

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える