子どもにおすすめの手帳5選|手帳を使って楽しく生活習慣を身につけよう

目次 目次

手帳を使うメリットとは?

手帳といえば、仕事や家族の「予定」を管理するもの。予定が見えてくると、いつまでに何をすべきかが見えやすくなります。

子どもも同じように、自分で宿題や習い事の予定を書き込むことで、自立心が芽生えます。ただ大人と違って、書いただけで終わってしまうことが多いのも事実。

そこで、ちょっとしたアドバイスがついている手帳に書き込むことから始めてみましょう。

また、まだ文字が書けないお子さんは、まずはその日の目標を達成できたかどうかだけ確認していきましょう。

① がんばったねシート

https://item.rakuten.co.jp/st-toremu/602701/

がんばったねシートは手帳ではありません。しかし毎日の課題を達成していくという意味では、②から紹介する手帳にも活かせる基礎を育むことができます。

幼稚園児など、幼いお子さんは長期的に複数の予定を立てて実行するなど、とてもできませんが、パパママと毎月、「これをやってみよう!」と目標を設定することはできそうですね。例えばトイレトレーニングもそうですし、毎日遊んだものを片付ける、なども目標になります。

もし目標が実現できたときは、ごほうびに「がんばったねシート」へシールを1つ貼ることができます。

このように少しずつ課題を達成していくという習慣を身につけることができるシートです。

商品詳細
▼内容物……台紙3枚 シール96ピース
▼サイズ……‎205×205mm

②学研ステイフル ノート 子ども できたよ手帳

https://item.rakuten.co.jp/gakkensf/d08801/

これは「自主性」を育むために、1週間の予定を書き出すとともに目標を設定し、記録をつける手帳です。

まずはパパママと話し合って1週間の予定、目標を記入します。予定は習い事や試験の他にも、お友達の誕生日など、その日に関係するものを書きましょう。目標は例えば「本を読む」、「21時に寝る」など、具体的に書き、毎日できたかチェックします。
同時に予定を書けた日や目標に達成した時のポイントを決めておきます。

週が始まったら、その日に行ったことを記入します。目標として立てたものでできたことに丸をつけておきます。
週の終わりになったらポイントを計算します。ポイントの計算方法としては、以前に決めた、目標に達成した時のポイントをそれぞれ加算していきます。

最後にパパママがみて、感想やコメントを書きます。長く続けると、子どもの成長がわかります。

日付書き込みタイプなので今からでも始められますよ。

商品詳細
▼ページ数……40ページ
▼サイズ……‎A5(210×148mm)

③はじめての子ども手帳

https://books.rakuten.co.jp/rb/15112397/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0

この手帳は勉強を始め、生活習慣も身につけることができます。

使い方としては、週の初めに1週間分、毎日の予定を立てます。細かいことでも忘れないように書いておきます。

毎日やることは、すでにやったことを赤ペンで消していくこと。日々のTO DOをこなす感覚ですね。そして赤で消した分だけ「ポイント」として数えます。つまり頑張った分だけ、ポイントとして溜まっていく仕組みです。

週末に今週分のポイントを数えてみましょう。もし、時間がなくてできなかったものは、次の週に回してもOKです。

また、点をグラフにするページもあり、自分の変化や成長を振り返ることも可能です。
手帳に自分が書いたものをコツコツやるだけで、自分の夢や目標に着実に近づいていくということを実感できる手帳です。

④こどものおうち手帳 チャレンジ版

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」キッズステーションにて放送中

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える