今注目されているSDGsとは?本を通じて親子でサティスナブルについて考えよう

目次 目次

SDGsって何?

地球を支える手の手書きのイラスト........

SDGs(エスディージーズ)とは「持続可能な開発目標」のこと。

2015年の国連本部で採択された世界的目標のことで、2016年〜2030年までに世界で達成するべき目標が定められています。

SDGsで取り上げられている目標はジェンダー平等や環境改善、貧困など、一人一人が考えていかなければならない問題ばかりなのです。

SDGsの17の目標とは

グラフィックアート

SDGsでは、17の目標で構成されています。

この17の目標について見ていきましょう。

1.貧困をなくそう
2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任 つかう責任

13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう


SDGsのこれらの目標については、企業が中心になって取り組んでいます。
日本でも「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部」が設置され、29の自治体が「SDGs未来都市」として選定されるなど、注目されているのです。

親子で学ぼう!SDGsがテーマの本

これまでSDGsについて解説してきました。

SDGsはこれからも世界中で取り組むテーマであるため、子どもたちも学んでおく必要があるのです。

ここでは子どもと一緒に学ぶために、SDGsをテーマにした本を紹介していきます。

10歳から図解でわかるSDGs 「17の目標」と「自分にできること」がわかる本(6/25発売)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51IskK+F6tS._SX436_BO1,204,203,200_.jpg

10歳から学ぶことができる「SDGs」に関する書籍。

SDGsの「なぜ?」を、わかりやすいイラストと説明で、子どもたちにも理解できるように解説しています。

SDGsの17の目標は「貧困」「教育」「環境問題」「セクシャリティ」など、子どもにとって難しい問題ばかり。
だからこそ「今何が起きているのか」「どう解決していけばいいのか」について解説している本となっているのです。

SDGsを通して「自分たちの未来はどうなるんだろう」と考えるきっかけになる本といえます。

著者:平本 督太郎
出版社:メイツ出版
ページ数:128ページ
価格:1,991円

おはなしSDGs 安全な水とトイレを世界中に 水とトイレがなかったら?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

Rakuten ABCmouse × ひなゆめワールド|ハピクラワールド

学びの秋を応援!楽しく学べる楽習教室「ドラキッズ」

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える