都道府県ごとに特色がわかる『見えるぞ!ニッポン』おすすめ回紹介

目次 目次

「見えるぞ!ニッポン」ってどんな番組?

NHK Eテレで2009年4月〜2018年3月まで放送された「見えるぞ!ニッポン」は、47の都道府県の特徴を紹介する番組です。毎回、都道府県の中から1都市に焦点を当て、産業や暮らし、伝統、文化、名物などを紹介していきます。

番組はアニメーションから始まり、小学4年生の「みえるくん」という男の子と「チーズちゃん」というメスの犬が登場します。

スポーツマンのみえるくんは、社交的だけれども社会科には自信がありません。社会に苦手意識がある子どもでもみえるくんに親近感を持てるでしょう。

一方チーズちゃんはまるで先生のように日本のことには詳しく、張り切って毎回クイズを出す元気な犬。

そんな2人がナビゲーターになり、各地域の特色を表すキーワードをもとに日本の魅力を伝えていきます。主にみえるくんが現地に行って取材をしていきますが、アニメーションと実写で小学生にも分かりやすい構成になっています。

「見えるぞ!ニッポン」おすすめエピソード

ここからは「見えるぞ!ニッポン」のおすすめエピソードをご紹介します!番組はNHK for School公式サイトで視聴可能ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

①北海道

北海道のキーワードは「らく農」です。日本では牛乳をはじめバターやチーズの原料となる生乳の生産量は5割が北海道産なのです。

みえるくんが訪れたのは、北海道別海町。住民よりも牛の数のほうが多いという町です。何と人口の7倍、12万頭も牛がいるのです。

農家の一日はすべてが牛が中心の生活なので、決して楽ではありません。また朝夕2回の搾乳作業が欠かせないため、休みが取れないという問題があります。そのため跡継ぎが見つからず、残念ながら荒れ果てた牧場もあります。

そこで北海道では「らく農ヘルパー」という制度を導入しました。「らく農ヘルパー」はらく農家に代わって、搾乳を含む牛の世話をしてくれる人たちです。

またこの町にはらく農家を目指す人用の学校もあります。未経験者でも基礎から学べるので、全国各地から希望者が申し込み、ここで学んでいます。

この学校ができて13年間。すでに41の家族がらく農家になりましたが、実際の生活はどうでしょうか?日本一のらく農王国北海道の現状に迫ります。

②神奈川

神奈川県を知るキーワードは「箱根」「鎌倉」「三浦大根」の3つ。

1つ目の「箱根」は温泉がわき出ていて東京からのアクセスが良いことも手伝って、年間2000万人近い観光客数を誇ります。

2つ目のキーワードである「鎌倉」は、およそ800年前に幕府が置かれ栄えた地です。鎌倉にそびえる高さおよそ11メートル、国宝の鎌倉大仏は圧巻。これは武士の文化と中国文化がむすびつき生まれました。

下がふくらんだ形をしている「三浦大根」は3つ目のキーワード。普通との大根の違いは一体何でしょうか?

キーワードにはなかったものの、日本でもっとも交通量の多い港である横浜港も特徴として忘れてはいけません。

横浜港は日本で最初に欧米の国々と貿易を始めた港としても有名です。横浜には今でも洋館が残されていますが、日本と外国の文化を掛け合わせたものが、ここ横浜から発信されていくことになります。今は普通に食べるものでも、当時は味を和風にする必要があったそうですが、それは…?

この回はパパママたちも必見です!

③京都

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」キッズステーションにて放送中

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える