【9歳〜】楽しく学べる《学習かるた》おすすめ9選|苦手を克服、得意をつくる!

目次 目次

どうせ遊ぶなら、ついでに学ぼう!「かるた」の魅力

①ルールがかんたん

基本はかるた遊びなので、誰にでもわかりやすいルールとなっています。読み札や取り札の中に学習要素が盛り込まれていて、かるた遊びをしながら自然と目につくしくみです。

子ども自身は、相手より早く札を取ることに集中するので、付随する学習面については意識せずとも自然に身についていきます。

②学習要素を感じさせない

いかにも「勉強している」と感じるものに、子どもは食いつきません。かるた遊びは楽しく競いながら、自然と知識が目から入っていきます。

どうせかるたを買うなら、学べる学習かるたを選ぶのがオススメです。

③何種類あってもいい

ひらがなカルタは1つあればじゅうぶんですが、学習かるたならいくつあってもOKです。何度も遊ぶことで身についていくので、繰り返し遊んでください。

学べる内容が違うものをいくつか選べば、その都度新鮮な気持ちで遊ぶことができます。

① おもしろなぞなぞかるた

https://item.rakuten.co.jp/keepon/3362/

読み札がなぞなぞになっていて、答えの頭文字を絵札の中から探します。ひらがなを探す前になぞなぞを解かなければならないので、頭の回転が必要!

取り札のイラストはヒントになっているので、答えが分からなくても大丈夫です。

② 101漢字カルタ新版

https://books.rakuten.co.jp/rb/6362481/

読み札に示された「漢字」を探します。取り札には、どうやって漢字ができたのか、漢字の成り立ちが。漢字を形として覚えれば、自然と頭に入ってきます。

さまざまなことばの基礎となる、101個の漢字が厳選されています。

③ 四字熟語かるた

https://books.rakuten.co.jp/rb/15212530/

四字熟語を学べるこのかるたは、低学年からでもトライできます。読み札には四字熟語を表す例文が書かれていて、取り札にはイラストと四字熟語の意味が詳しく記載されています。

読み手になると声に出して読むことで頭に入るようになっている、アイデアがすばらしい学習かるたです。大きめサイズで遊びやすいのも特徴ですよ。

④ ことわざひらがなかるた

関連記事

おすすめの動画

【1分でわかる】プラレール レールも!車両も!情景も! 60周年ベストセレクションセット

【1分でわかる】おっきなうまれて!ウーモ ララコーン