小学校高学年の子どもに見せたいおすすめの映画 10選

目次 目次

小学校高学年の映画の好みは?

Four little multiethnic boys and girls eating pizza

小学校高学年は、ある程度の知識や運動能力が備わり、人間関係で悩んだり、友情の絆を深めたりと、勉学だけでなく、善悪の区別や思いやりなどの人間性も自立してきます。また、初恋を経験したり、夢に向かって努力しているお子さんもいるでしょう。

そんな彼らが感情移入できるような青春ものや、女の子の胸キュンが止まらない恋愛もの、男の子が興奮するようなハラハラドキドキのアクションといった映画がおすすめです。ただし、グロテスクなシーンやベッドシーンなど、過激な描写のある作品は避けたいですね。

定番のディズニーは実写も楽しめるお年頃!

https://www.imdb.com/title/tt0325980/mediaviewer/rm922386688/

大人も子どもも楽しめる王道のディズニー作品。小学校低学年にはアニメ作品がおすすめですが、高学年になるとアニメだけでなく、実写作品もおすすめです。

例えば、『美女と野獣』や『アラジン』などのアニメ作品の実写化ものはもちろん、『魔法にかけられて』や『白雪姫と鏡の女王』、『プリティ・プリンセス』ほか、『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『スター・ウォーズ』といったシリーズものもおすすめです。また、『ハイスクール・ミュージカル』や『ディセンダント』、『ゾンビーズ』などのディズニーチャンネル・オリジナルムービーもいいでしょう。

5・6年生にはマーベル作品もおすすめ!

https://www.imdb.com/title/tt0848228/mediaviewer/rm1881388032/

近年、『アベンジャーズ』をはじめとするアメコミヒーローを実写化したマーベル作品が多く製作され、老若男女問わず熱狂的なファンを持ちます。華麗な身のこなしで悪を退治し、恋人や大事な人々を守るヒーローたちに、男の子は憧れを抱いて興奮し、女の子はヒロインになったつもりで胸をときめかせます。

小学校高学年におすすめの洋画《シリーズもの》

高学年おすすめ①『ハリー・ポッター』シリーズ

https://www.imdb.com/title/tt0417741/mediaviewer/rm282560512/

『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002)
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004)
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005)
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007)
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART.1』(2010)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART.2』(2011)

イギリスの作家J・K・ローリングの全7巻からなるファンタジー小説を原作に、2011年より全8作にわたり映画化された『ハリー・ポッター』シリーズ。シリーズ累計の興行成績は、世界歴代3位の77億ドルを記録する大ヒットで、映画シリーズが完結する10年もの間、映画の公開・原作本が発売される度、世界的なブームが続きました。また、子役キャストの成長や、同年代の日本語吹替版キャストの声変わりなども見どころといえます。

シリーズ1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』予告編

【新シリーズ】
『ファンタスティック・ビーストと魔法の旅』(2016)
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018)

原作者J・K・ローリングが初めて脚本も手掛けた新シリーズの映画『ファンタスティック・ビースト』は、2016年に第1弾、2018年に第2弾が公開され、全5作品を予定しています。『ハリポタ』シリーズから70年前のニューヨークを舞台に、魔法使いと魔法生物たちが登場します。主演のエディ・レッドメインやジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、エズラ・ミラーほか、豪華キャストが揃います。

高学年おすすめ②『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ

https://www.imdb.com/title/tt0088763/mediaviewer/rm1012692224/

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 1』(1985)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 2』(1989)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 3』(1990)

SF映画の巨匠スティーブン・スピルバーグ監督の映画史に残る大ヒット作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ。シリーズ1作目が公開された1985年には、全米で「フューチャー現象」が起きる大ヒットでした。そして、30年以上経った現在でも、劇中に登場する未来のアイテムを実現しようとする人々は多いです。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』三部作 予告編

高学年おすすめ③『インディ・ジョーンズ』シリーズ

https://www.imdb.com/title/tt0082971/mediaviewer/rm1902537472/

『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』(1981)
『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984)
『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989)
『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008)

『スター・ウォーズ』シリーズのスティーブン・スピルバーグ&ジョージ・ルーカスが原案、ルーカスが監督を務めた、『スター・ウォーズ』ハン・ソロ役ハリソン・フォードを主演にした冒険アクション映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ。

パラマウント・ピクチャーズ配給で製作された本シリーズは、2013年に、ウォルト・ディズニー・スタジオへとマーケティングの権限を移し、2022年には第5弾が公開予定となっています。

映画『インディ・ジョーンズ』シリーズ 予告編

高学年おすすめ④『ジュマンジ』シリーズ

https://www.imdb.com/title/tt2283362/mediaviewer/rm650158849/

『ジュマンジ』(1981)
『ザスーラ』(2005)
『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2018)
『ジュマンジ/ネクスト・レベル』(2019)

1981年に公開されたロビン・ウィリアムズ主演映画『ジュマンジ』は、ボードゲームの試練が現実になりプレイヤーを襲うアドベンチャー作品で、2005年には、精神的続編となるジョシュ・ハッチャーソン主演の『ザスーラ』が公開されました。

また、2018年にはコメディ要素の強い新シリーズが公開され、主演ドウェイン・ジョンソンはじめ、ジャック・ブラックやニック・ジョナスといった人気者がキャスティングされています。

映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』予告編

高学年おすすめ⑤『ピーター・ラビット』シリーズ

https://www.imdb.com/title/tt5117670/mediaviewer/rm2144183041/

『ピーター・ラビット』(2018)
『ピーター・ラビット2/バーナバスの誘惑』(2021)

世界各国で長年愛される、イギリスの絵本作家ビアトリクス・ポターの児童文学『ピーター・ラビット』を原作に、2018年に実写映画化した作品です。主人公はウサギで、人間キャストには『ハリポタ』シリーズのビル・ウィーズリー役で知られるドーナル・グリーソンとローズ・バーンです。

また、日本語吹替版で主人公ピーター・ラビットの声を演じた人気俳優・千葉雄大の声質と演技も役柄にマッチしており好評でした。2021年6月25日に公開される第2弾では、千葉雄大に加え、俳優・哀川翔も日本語吹替版声優として参加しています。

映画『ピーター・ラビット』予告編

小学校高学年におすすめの洋画《単発作品》

高学年おすすめ⑥『ジャックと天空の巨人』(2013)

https://www.imdb.com/title/tt1351685/mediaviewer/rm3314840832/

『ジャックと天空の巨人』は、イギリスの童話『ジャックと豆の木』と民話『巨人退治のジャック』をベースに実写映画化されたファンタジー・アドベンチャーです。主演は『X-MEN』シリーズのハンク・マッコイ/ビースト役など知られる子役出身俳優ニコラス・ホルト。そのほか、ユアン・マクレガーやビル・ナイといった大物俳優も出演しています。

また、日本語吹替版では、ニコラス・ホルト演じる主人公ジャック役の声をウエンツ瑛士、ヒロイン役の声を平愛梨が務めています。巨人役には、ガレッジセールのゴリや千原兄弟、博多華丸、南海キャンディーズの山ちゃんなど人気お笑い芸人が担当しており、違和感のない声の演技を見せています。

映画『ジャックと天空の巨人』予告編

高学年おすすめ⑦『ウォーム・ボディーズ』(2013)

https://www.imdb.com/title/tt1588173/mediaviewer/rm1390944000/

2013年の映画『ウォーム・ボディーズ』は、ゾンビ男子と人間女子の恋を描いたコメディ作品で、ウィリアム・シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』を元にしたアイザック・マリオンの小説を原作に映画化したものです。

主人公のゾンビ男子役を『X-MEN』や『ジャックと天空の巨人』のニコラス・ホルトが演じ、ヒロイン役は『魔法使いの弟子』などのテレサ・パーマーです。

映画『ウォーム・ボディーズ』予告編

高学年おすすめ⑧『シザーハンズ』(1990)

https://www.imdb.com/title/tt0099487/mediaviewer/rm3374161408/

1990年に公開されたティム・バートン監督×ジョニー・デップ主演の映画『シザーハンズ』。純真無垢な心を持つ人造人間と少女の交流を描いた切ない恋愛ファンタジー映画です。人造人間を演じたジョニー・デップは、ヒロイン役ウィノナ・ライダーと1993年に婚約まで発展しました。また、“ティム・バートンとジョニデの名コンビ”、そして“ジョニデ演じる個性的で独特なキャラクター”の始まりといえる作品です。

映画『シザーハンズ』予告編

高学年おすすめ⑨『ヘアスプレー』(2007)

https://www.imdb.com/title/tt0427327/mediaviewer/rm2112879360/

『ヘアスプレー』は、1988年の同名映画を元に2002年に舞台ミュージカルとして公演された作品を、2007年に再び映画化したミュージカル作品です。歌とダンスが大好きなビッグサイズの女の子がダンステレビ番組の人気者になるお話です。

ジョン・トラボルタが特殊メイクで巨漢女性に扮し、ニッキー・ブロンスキー演じる主人公トレイシーの母親役を務めます。そのほか、ザック・エフロンやジェームズ・マースデン、アマンダ・バインズ、クリストファー・ウォーケン、ミシェル・ファイファーなど、キャストも豪華です。

映画『ヘアスプレー』予告編 ※ 日本語字幕付き動画ではありません。

高学年おすすめ⑩『スタンド・バイ・ミ―』(1986)

https://www.imdb.com/title/tt0092005/mediaviewer/rm65650433/

青春映画の王道といえる1986年公開の映画『スタンド・バイ・ミ―』は、モダン・ホラー小説スティーヴン・キングの非ホラー短編作品で、1950年代末のオレゴン州にある小さな街で4人の少年が線路づらいに“死体探し”の旅をする青春映画の傑作です。

主人公となる4人の少年役は、ウィル・ウィートンや『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』で少年時代のインディを演じたリヴァー・フェニックス、『グーニーズ』などのコリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネルです。また、ドラマ『24』主演俳優キーファー・サザーランドも不良役で出演しています。

映画『スタンド・バイ・ミ―』予告編

まとめ

https://www.imdb.com/title/tt1632544/mediaviewer/rm1345095169/

もちろん、小学校高学年になっても楽しめるアニメ作品も豊富ですが、高学年になったからこそ理解できて面白い実写映画もたくさんあります。高学年になると集中力や持続性もあるので、今回多く紹介したシリーズものもおすすめです。また、今回は実写の洋画作品を10本紹介しましたが、邦画にも人気漫画原作のラブコメ作品など、おすすめ作品は多いです。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」キッズステーションにて放送中

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える