子どもたちに人気の「ブロックス」の遊び方をご紹介|おすすめアナログゲーム

目次 目次

皆さんはブロックスというゲームをご存知ですか。

こちらは4色のブロックを盤面に並べていくという非常にシンプルなゲームです。

小学生に聞くと、「このゲーム、やったことあるよ」という声がよく聞こえます。

このように知られているゲームですので、実際にやってみると楽しいです。

ではブロックスというのはどのようなゲームなのでしょうか。

ここではブロックスの遊び方と特徴について説明します。

ぜひ皆さんもこの記事を読んで、ブロックスに挑戦してみてください!

「ブロックス」とはどのようなゲーム?

ブロックス

Amazonより

ブロックスは2000年にフランスの会社によって発売されたゲームです。

ルールは非常に簡単で、自分が担当する色のブロックを、その頂点が接するように盤面に広げていき、ブロックを最後まで置けた人が勝ちです。

自分のブロックをたくさん置くようにプレイするのはもちろんのこと、相手がブロックを置けないようにすることも必要です。

相手を妨害しつつ自分のブロックを置いていくという、シンプルだけど楽しいゲームなんですね。

ブロックというと、テトリスをイメージするかもしれません。

しかしテトリスはブロックを組み合わせて消していくゲームで、一方、ブロックスは頂点を接するようにならべるゲームなので、ブロックとブロックの間が空いてくるわけですね。

そのためブロックを置けなくなることがあるわけです。

「ブロックス」の遊び方

ブロックスの遊び方は非常に簡単です。

ブロックの頂点が接するように並べていくだけです。

色は4色用意されています。

そのため2人から4人でプレイできます。

2人でプレイする場合は、1人2色ずつ、3人でプレイする場合は残り一色を3人が交代で並べていくという形になります。

ブロックの形は以下のように正方形のブロックが、1から5個つながっているものが21個あります。

ブロックの形

自分で撮影しました

最初のブロックは、自分がいるボードの角の1マスを埋めるように置きます。

その次から以下の画像のように頂点が接しており、辺では接していないところに置いていくわけです。

このやり取りを順番に繰り返していき、最後までブロックを置けた人が勝ちになります。

やり方によってはすべてのブロックが置けることもありますが、最初の方で置けなくなってしまうなんてこともあるんですね。

なるべく陣地を広げるような形で置いていくと勝てるかなと思います。

ブロックの並べ方

自分で撮影しました

大人と子どもで対戦するとどうなる?

ブロックスはルールを見ればわかるとおり、非常に簡単なゲームです。

そのため小さな子どもでも大人と一緒にブロックスをやれます。

実際に小学校1年生と先生とでも楽しめました。

慣れるまではどうしても大人の方が強いですが、慣れてくると子どもはいろいろな工夫しはじめて、大人でも勝てなくなってきます。

ブロックをただ並べるという単純なゲームなのですが、非常に奥が深いです。

私も子どもたちとやってみましたが、負けることもありました。

初心者は、置けそうなブロックをどんどん並べていくだけになってしまいます。

しかしさまざまなブロックの形があるわけで、どのブロックを先にどの場所にならべていけば自分の陣地が広くなるのか、相手の妨害できるのかと考える必要があります。

考えないでどんどん置いていくと、すぐに負けることがよくわかりました。

最初になるべく大きなブロックをうまく盤面に配置していくこと。

そして相手がブロックを置けないように妨害すること。

この考え方がとても大切なのです。

こうした頭を使うゲームなので、大人同士でも結構楽しめるゲームです。

2019年は全国大会も開かれた!

2019年には日本で第一回の全国大会が開かれました。

マテル・インターナショナル株式会社が主催で、子どもの部と一般の部とで行われています。

商品はブロックスのオリジナルブロックです。

この会社は現在ブロックスを販売している会社であるため、このような全国大会を開いたのだと思います。

大会の様子は動画として収められているので見ることもできます。

子どもたちだけでなく、一般の部で大人の人たちも熱心に対戦しているのが印象的です。

それだけ奥が深いゲームだと言えるでしょう。

「負けて悔しい」という発言が大人の皆さんからなされていました。

2020年の大会についてはまだ発表されていませんが、こうした全国大会が続いていけば、ブロックスはさらに人気のゲームになるのではないでしょうか。

テレビゲームが人気となっている中で、こうした対面で行われるゲームは頭の体操になるだけでなく、コミュニケーションのツールとしても貴重だと思います。

一般の部の決勝の様子です。皆さんレベルが高いです。

ジュニアの部です。子どもたちもかなり真剣です。

頭の体操には最適!

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」